全国のドクター8,959人の想いを取材
クリニック・病院 160,758件の情報を掲載(2021年9月17日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中区
  4. 栄駅
  5. ウェルネスビューティクリニック名古屋院
  6. 自分で治そうとせず医療機関にかかろうくり抜き法で「粉瘤」治療

自分で治そうとせず医療機関にかかろう
くり抜き法で「粉瘤」治療

ウェルネスビューティクリニック名古屋院

(名古屋市中区/栄駅)

最終更新日:2021/01/29

Top Top
  • 保険診療

ほくろやイボのように皮膚表面にできるのではなく、皮膚内部にできる「粉瘤(ふんりゅう)」。“良性のできもの”ではあるが、何かの拍子に破裂して化膿する、中にたまった垢・脂・汗などが飛び出して嫌な臭いがするなど、痛みや不快感が出ることも多い。そしてごくまれに実は悪性腫瘍だったというケースも報告されていることから、受診・除去手術に加え、病理検査も受けたほうがよいとされる。「ウェルネスビューティクリニック名古屋院」の粉瘤治療は、傷が目立ちにくい「くり抜き法」を採用し、全症例で病理検査を実施しているのが特徴。粉瘤とはどのようなものか、同院で採用されている「くり抜き法」の詳細、診療で大切にしていることなどを、同院グループの香藤憲一理事長に教えてもらった。(取材日2021年1月18日)

自身で押し出しても潰しても治らない粉瘤。傷が目立ちにくい「くり抜き法」で治療し、病理検査も実施

Q粉瘤とは何ですか?
A
1

▲清潔感があり落ち着いた雰囲気の待合室

ほくろやイボなどの次に多い“良性のできもの”で、皮下にめり込むように袋状になっているものです。ほくろやイボは皮膚表面にできますが、粉瘤は皮膚の下に口のふさがった風船が埋まっているイメージで、その風船の中に垢や脂、汗などがどんどんたまって肥大していきます。そこにあるだけなら悪さはしないのですが、何らかの原因で圧迫されて風船が割れ、長年蓄積された垢・脂・汗が噴き出てきたときにとても嫌な臭いがしますし、内部は不潔ですからそこにばい菌が入り込んで化膿したり、表に出てこず内側で風船が破裂して腫れて痛みが出たり、とトラブルが起こります。ちなみに私は乳児の頭大にまで巨大化した粉瘤の手術経験があります。

Qなりやすい人の特徴や、粉瘤ができたときの注意点は?
A
2

▲院内は日差しが差し込み明るい空間となっている

「ぶつけた拍子にできる外傷性」「毛が抜け落ちた毛穴にできる」「ウイルス性」など諸説ありますが、粉瘤の真の原因は明らかになっていません。私はお子さんから高齢の方まで老若男女の粉瘤を診てきて、誰もがなり得る可能性のあるものだと考えています。多発したり再発したりと繰り返す方がいらっしゃるのも特徴ですね。中身を押し出したり潰したりして自力で治そうとする方がいらっしゃいますが、一見ぺしゃんこになっても、袋があるので常に再発の可能性があります。根本的な解決にはつながりませんし、そのような行為が悪化の原因にもなります。気になっても強い力で触ったりせず、なるべく早く皮膚科を受診してください。

Qどのような治療法がありますか?
A
3

▲手術には経験豊富なドクターが対応

塗り薬や内服薬、膿の一部を出すだけといったやり方では根本的な治療にはなりませんので、外科的に袋を取り除くための手術を行います。一般的には、局所麻酔をしてメスを使って取り除くという方法が用いられることが多いですが、例えば1cm大の粉瘤を除去するのに、倍ほどの大きさの傷を作らざるを得ない手法なのです。私も勤務医時代にはこの方法で手術していましたが、良性のできものである粉瘤の見た目を気にして切ったのに、傷痕が残っては本末転倒だと考え、当院では、「くり抜き法」という手法を採用し粉瘤の治療を行っています。

Q「くり抜き法」とはどのようなものですか?
A
4

▲安心・安全の治療追求に余念がない

粉瘤に対し最大5mm程度の傷で膿も内部の袋もすべて取り去ることを図る、局所麻酔を用いた手術法です。縫合が不必要な場合がほとんどで、ニキビ痕くらいの小さい傷で目立ちにくいですね。傷が小さいため出血が比較的少なく、ばい菌が入り込んだり腫れ上がったりするトラブルのリスクも低いというメリットもあるんです。また、私の経験上、くり抜き法だと傷が小さいぶん痛みが軽減されますし、傷がふさがるのも早いですね。くり抜き法を採用している医療機関はそれほど多くなく、私も開業後に独自に学んで技術を習得しました。なお大きな粉瘤にはできない術式です。粉瘤が小さいほど傷も小さくなるため、早期の受診・治療がお勧めです。

Qこちらのクリニックが大切にしていることを教えてください。
A
5

▲少しでも気になったらまずは相談してほしい、と話す

粉瘤をきれいに取り去るという治療結果と同じくらい、取り除いた粉瘤が本当に“良性のできもの”なのかを検証することが大事だと考えていますので、全例病理検査に出しています。その大半が良性とはいえ、ごくまれに悪性腫瘍であったり、ある論文では粉瘤の影に隠れて悪性腫瘍が合併していたりするケースもあるのです。万が一悪性腫瘍であったら命に関わることもあります。きれいに取り除いてご満足いただくだけでなく、良性か悪性かをきちんと調べ患者さんにご安心いただきたいですね。そして、皮膚科を専門とする医師として、検査結果をきちんと「読み取れる」のも当院の強みだと考えています。

ドクターからのメッセージ

香藤 憲一理事長

“良性のできもの”の粉瘤なら、放っておいていいと考える方もいるでしょう。しかし良性かどうかは検査をしてみないとわかりません。実際は悪性腫瘍だったという可能性もあるため、当院ではきちんと調べるために全例病理検査を行うことにこだわっています。また当院ではグループであることの強みを生かし、数多くの症例を手がけ、蓄積してきた経験を基にしっかりとしたアフターフォロー体制を敷いています。心斎橋本院は年末年始を除き無休のため、時にはオンライン診療も活用し当院の患者さんのフォローもしています。自費診療と誤解されることもありますが、粉瘤のくり抜き法は保険診療なので健康保険証をお持ちの上、安心してご来院ください。

Access