全国のドクター9,208人の想いを取材
クリニック・病院 160,693件の情報を掲載(2022年6月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 府中市
  4. 府中駅
  5. 府中エンライトデンタルクリニック
  6. 健康な口の中と健康への安心を手に入れることをめざす歯周病治療

健康な口の中と健康への安心を
手に入れることをめざす歯周病治療

府中エンライトデンタルクリニック

(府中市/府中駅)

最終更新日:2022/04/12

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

進行すると歯を失ってしまうだけでなく、糖尿病や脳卒中、認知症などをはじめとする全身の病気にも深く関係していることがわかっている歯周病。「多くの場合には、大きな自覚症状がなく進行する病気ですので注意が必要です」と話すのが「府中エンライトデンタルクリニック」の後藤弘明院長だ。日本歯周病学会歯周病専門医でもある後藤院長は、単に歯周病を治療するだけでなく、その原因を除去した上で口の中の環境を改善し、健康な環境を維持することを心がけ、患者が将来的にも健康に安心感を手に入れられるようにすることをめざしているという。そこで、後藤院長に歯周病に関する基本的なことや同院で行っている歯周病治療について、詳しく話を聞いた。

(取材日2022年2月17日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q歯周病の具体的な症状を教えてください。
A

おそらく本人や周りの人が一番気になるのが、口臭です。歯周病になるとかなり強い口臭がしますが、本人が気づかないことや周りの人が言ってくれないことも少なくありません。もし自覚があったり、人から指摘されたりしたのなら、歯周病を疑ってみましょう。しかし、歯周病が恐ろしいのは、むしろ症状がほとんどないこと。歯周病はサイレントディジーズ(静かなる病気)ともいわれ、体調が悪いときなどに歯茎の痛みや腫れ、出血、軽い違和感などの症状が出ることがありますが、普段はほとんど症状なく進行する病気です。つまり、何も症状がないときでも歯科医院で検診やメンテナンスを受け、歯周病の治療や予防につなげることが重要なのです。

Q歯周病は放置しておくと、どのような状況になるのでしょうか。
A

歯周病は、歯茎が炎症を起こすことによって歯を支えている歯槽骨と呼ばれる顎の骨が溶けていってしまう病気です。溶けてしまった顎の骨は、自然に元に戻ることはなく、進行すると歯が揺れてきたり、最終的には抜け落ちたりしてしまいます。また、歯周病菌やそれによる歯茎などの炎症は、糖尿病や心疾患、脳卒中、認知症、低体重児出産、早産、誤嚥性肺炎など、口の中だけではなく全身のさまざまな病気と関係していることがわかっています。特に、脳卒中や心疾患、認知症などは要介護になるリスクが高い病気としても知られています。寿命が伸びている中で歯周病対策を行うことは、将来的な病気や介護のリスクを減らすことにつながります。

Qこちらのクリニックの歯周病治療の特徴は、どんなところですか?
A

まず、私が日本歯周病学会歯周病専門医であることです。歯周病治療を専門とする歯科医師は決して多くはありませんが、当院では専門家としての目線から、歯周病にしっかりとアプローチしています。そして、当院の歯周病治療は、原因の発見と除去、口の中の環境の改善、良くなった環境を維持するためのメンテナンスの3つのステップを重視しており、単に歯石を取るのではなく、原因の追究から除去までの徹底した治療を心がけ、顎の骨が溶けてしまったような重度の歯周病治療にも対応しています。それらにより患者さんが、現時点はもちろん、これからの人生も含めた口の中と全身の健康に対する安心感を得られるようにすることをめざしています。

検診・治療START!ステップで紹介します

1問診で主訴の確認

初診では、受診した理由や何に困っているのかなどの問診がある。歯周病は、基本的にほとんど症状がないまま慢性的に進行するが、体調が悪いときや疲れがたまっているときなどに、歯茎からの出血や腫れ、違和感などの症状が出ることがある。このような症状はしばらくすると消失するが、それは病気が治ったのではなく隠れているだけだそう。その後も歯周病は進行していくので、そのような場合も診察を受けることが大切だ。

2スクリーニング検査

まず、歯周病の状態の指標となる歯と歯茎の隙間の深さである歯周ポケットの検査や顎全体のパノラマエックス線撮影、口腔内写真撮影などの検査を受ける。歯周ポケットの検査を同院では、1本の歯に対して6ヵ所計測し記録するなど、精密に行っている。その後、検査の結果を正常なものと比較などもしながら詳しく説明がある。これらの検査によって歯周病が疑われ、患者が治療をしたいと希望すれば精密検査に進む。

3精密検査

精密検査では、最大で32本ある歯に対し14〜18枚に分けてエックス線撮影を行う。歯を違う角度から撮影することにより平面の画像を3次元的に見ることができ、歯を支えている顎の骨である歯槽骨の吸収度合いや吸収の形を検査することができるそう。必要に応じてCT撮影をすることもある。また、歯周病の進行には歯に加わる力が影響することから、噛み合わせの状態や歯ぎしり、食いしばりの癖なども確認される。

4治療

歯周病の原因となる菌を除去するためのブラッシング指導と同時に歯周ポケットの中にある細菌を除去するために歯科衛生士によるクリーニングも受ける。これらによって歯茎の腫れや歯磨きでの出血、歯茎の違和感などの緩和につなげていくという。続けて、長期的に安定した口の中の環境を獲得するため、必要に応じて歯周外科治療や矯正による噛み合わせの調整、以前治療した合っていない詰め物やかぶせ物などの調整を行う。

5定期的な通院による口の中のメンテナンス

歯の表面に歯周病菌が蓄積しないよう自宅での正しい歯磨きを行うことに加え、3ヵ月に1回程度など定期的に通院し、改善した口の中の環境を維持するための歯科衛生士によるメンテナンスとクリーニングを受ける。磨き残した歯周病菌は、徐々に病原性が高くなっていくため、定期的に歯科衛生士によるクリーニングを受けることは大切だそう。メンテナンスにより口の中の環境を健康に保つことが、将来的な全身の健康につながるという。

ドクターからのメッセージ

後藤 弘明院長

歯周病を治療、あるいは予防するには、何も症状がなくても歯科医院で検診やクリーニングを受けることが大切です。また、いくら定期的にメンテナンスを受けていても歯周病の原因が取り除けていなければ、気づかないうちに進行したり、再発したりすることもあり得ます。当院では、歯周病を専門とする歯科医師の目から、小さなサインも見逃さず、原因の追求と除去、口の中の環境改善、その維持のためのメンテナンスを重視し、患者さんが将来的にも口の中だけでなく全身の健康に安心感が得られるよう取り組んでいます。口の中に何かしらの症状がある人はもちろん、何の問題がないと思っている人も一度、安心のためにも受診してみてください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/部分矯正3万3000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access