河津歯科医院

河津歯科医院

河津寛院長

頼れるドクター

医療トピックス

虫歯や歯周病で歯を失う前に
知っておきたい正しい知識と予防の話

河津歯科医院

保険診療

Main

テレビを中心に、虫歯だけでなく、歯周病の恐ろしさを訴えるメディアが増えてきた。その効果もあってか、確かに日本人の予防意識は高まりつつあるが、残念ながら意識の低い層も同時に増え、二極化が進んでいるという。歯周病はどこにどんな影響を与えるのか、歯を失うとどんな問題が起こるのか、これまで歯のトラブルを経験したことのある人も、ない人も、今こそ知ってほしいことがある。そう言葉を強めるのは、「河津歯科医院」の河津寛院長。日本歯周病学会歯周病専門医、日本顎咬合学会監事という、歯周病と咀嚼咬合のスペシャリストだ。ここでは「健康に長生きするための歯のありよう」をテーマに、詳しい話を聞いた。(取材日2018年3月7日)

歯の欠損や歯周病は寝たきりや全身疾患のリスク要因に

日本人の歯を取り巻く現状についてお聞かせください。

1 ▲口腔内の健康が全身に影響を及ぼしていると河津院長は語る 日本人の平均寿命は延びて、「人生100年時代」はすぐ目の前に来ています。しかし一方で、心身の機能の衰えによって介護を必要とする高齢者の人口は増加の一途をたどり、深刻な社会問題の一つとなっています。そこで今、重要視されているのが、いかに健康に長生きするか、つまり「健康長寿」という考え方。寝たきりの原因の上位に挙がる、転倒や骨粗しょう症による骨折、認知症、脳卒中、心臓病、糖尿病……これらの患者さんにはすべて口腔内の健康状態も大きく関係しています。歯を失うこと、そして歯周疾患、特に歯周病を患うことは、全身の健康に影響を及ぼす可能性があることがわかっているのです。

では、歯を失うとどんなことが起こり得るのでしょう?

2 ▲1本の歯がなくなるだけで、さまざまな影響が起こる 一番わかりやすいのは、噛む力が落ちること。「1本だけだから」「奥歯は見えないから」と放置する人はいますが、歯は1本失うだけでも咀嚼力が約60%低下するといわれています。しっかり噛めなくなると、食事が偏り栄養不足になったり、消化機能が低下し逆流性食道炎などの内臓疾患になったり、誤嚥性肺炎を引き起こす恐れも。さらには認知症の発症にもつながるといわれています。このように全身の多様な病気のリスクを高めるほか、噛み合わせが悪化し体のバランスが崩れ、肩凝りや腰痛、転倒を招くこともあります。高齢者は寝たきりの原因になり得るほか、若い方でも歯や歯茎に異常な力が加わることで、虫歯や歯周病になりやすくなります。

歯周病についてはいかがでしょうか?

3 ▲歯周病は大きな病気につながりかねない 歯周病は虫歯同様、歯を失う原因となりますが、日本では30代の約8割が罹患しているといわれています。歯周病は口の中の炎症であり、いわば体の中に大きな潰瘍を抱えている状態。そこから炎症物質が血液に流れることで、全身のさまざまな疾患を招きます。代表的なものが、脳梗塞、心筋梗塞、心内膜炎、糖尿病、誤嚥性肺炎、骨粗しょう症、がん。近年は早産とも関連性があるといわれており、喫煙や飲酒に次ぐ重大な因子として注目を集めています。歯周病の有無しだいで、医科の医療費に何倍もの差が出るという分析結果が厚生労働省から発表されているくらいです。つまり歯周病を予防・改善できれば、全身の健康維持にもつながるといえるのです。

健康長寿を実現するためのアドバイスをお願いします。

4 ▲日頃から口腔内のメンテナンスを行うことが重要となる 口腔環境が正常でなければ虫歯や歯周病は治せません。逆にしっかりとケアをすることで、ほぼ100%歯を守ることができると私は考えています。そのためには、今特に問題のない人も、すでに何本か歯がないという人も、「この先、1本も歯を失わない」という気持ちで予防に努めることが大切。甘い物は決まった時間に食べること、毎日丁寧に歯を磨いてプラーク(歯垢)を取り除くこと。あとは美容院に行く感覚で3~4ヵ月に1度は歯科医院を受診し、プロによる歯のクリーニングやメンテナンスを受けましょう。子どもにも定期検診に対する動機づけをしてあげてください。「定期的にメンテナンスしないと気持ちが悪い」と思えるくらいが理想です。

ドクターからのメッセージ

河津寛院長

「1本の歯は1粒のダイヤモンドに勝る価値がある」というのが私の考えです。メンテナンスには保険が適用されませんが、歯だけでなく全身の健康を守るための投資と考え、ぜひ定期検診を受けていただきたいと思います。お酒を飲むことも、甘い物を食べることも、日々の生活の楽しみとして我慢することはありません。ただし時間を決めて飲食をするなどの工夫が必要です。あとは、自分の歯の状態を熟知し、適切な処置やケアをしてくれる「かかりつけ医」を持つことがとても大切。長い付き合いになるので、相性の合う、信頼できる歯科医師をぜひ見つけてください。それが健康に長生きするための近道になるでしょう。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細