全国のドクター9,162人の想いを取材
クリニック・病院 161,389件の情報を掲載(2020年5月31日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 新座市
  4. 朝霞台駅
  5. 新座内科おなかクリニック
  6. 消化器内視鏡を専門とする医師が行う苦痛の少ない大腸内視鏡検査

消化器内視鏡を専門とする医師が行う
苦痛の少ない大腸内視鏡検査

新座内科おなかクリニック

(新座市/朝霞台駅)

最終更新日:2019/12/05

Main Main
  • 保険診療

大腸がんや炎症性腸疾患を発見するのに役立つ検査である大腸内視鏡検査だが、痛そう、苦しそうというイメージが伴い、検査することを迷う人も多いのではないだろうか。しかし、機材の進歩や鎮静剤の使用などの工夫によって、その苦痛の軽減が図られてきているという。2019年9月に新規オープンした「新座おなか内科クリニック」では、日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医である大島敬院長が、これまで大腸内視鏡検査を行ってきた豊富な経験を生かして、苦痛の少ない検査に尽力する。地域の人に検査を身近に感じ、大腸疾患の早期発見に努めてほしいという思いを持っているという大島院長に、大腸内視鏡検査の流れや詳細を聞いた。 (取材日2019年11月11日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q大腸内視鏡検査はどのような検査ですか?
A

大腸内視鏡検査はおしりから大腸カメラを入れて大腸全体を観察する検査です。検査の際には腸を空っぽにする必要があるため、通常、検査の3時間前には下剤を飲んでいただきます。当院では、前日の夜にご自宅で下剤を飲んでいただいた上で、翌日来院していただいています。発見の対象となる疾患は、主に大腸がんや大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患などが挙げられます。もし、ポリープが発見され内視鏡で切除可能だと医師が判断した場合には、その日のうちにポリープの切除術を行うこともあります。

Q検査を考えたほうがよい目安を教えてください。
A

年齢的には40代〜50代がちょうど大腸がんの増えてくる年齢ですので一つの目安にはなりますが、何歳になったら必ず検査の受診をという明確な線引きはありません。下血のあった人はもちろんですが、突然便秘になり良くならない、長引く下痢や腹痛が続くなど普段とは違うおなかの症状が続いている、健康診断の検便検査で引っかかったという方は年齢にかかわらず検査を受けていただきたいです。健康診断の結果を放置せず、病気の早期発見・早期治療につなげるためにも必要に応じて受診していただければと思います。

Q内視鏡専門の医師による検査を受けたほうがいいでしょうか?
A

大腸内視鏡検査は決して楽な検査ではありませんので、ある程度は医師の技術に左右されると考えられ、検査経験が豊富な医師に検査をしてもらうほうが苦痛を感じにくい傾向にはあるでしょう。日本消化器内視鏡学会が認定する消化器内視鏡専門医の資格取得には試験があるため、検査を得意とする人が多いのも確かだと思いますので、医療機関を選ぶ際の一つの判断の基準にしてもよいかもしれません。中には、苦しくて二度と検査を受けたくないという患者さんも結構いらっしゃいますが、機材も進化してきているほか、鎮静剤を使用して行うことも可能ですので、心配な人は医師にご相談ください。

検診・治療START!ステップで紹介します

1検査前のカウンセリング

前日から準備が必要なので、検査を受ける数日前に検査の概要についての説明を受ける。看護師から、検査前日に下剤を飲むこと、当日の流れのほか、薬の飲み方などの説明がある。

2検査当日。鎮静剤を投与

希望者や特に不安が強そうだと医師が判断した場合は、不安や苦痛を和らげる目的で鎮静剤を使用。鎮静剤を使う場合は、必ず公共交通機関で来院する。また、薬の作用が切れるまで仕事や家事はできないので、スケジュールの調整が必要。

3内視鏡を挿入

痛みに配慮しながらゆっくり丁寧にカメラが挿入される。検査時間は、通常、大腸の奥までカメラが到達するのにおよそ5〜6分、観察は、病変があれば時間がかかるが、特に何もなければ10分ほど。トータルで15分から20分程度で終了する。挿入しながら「苦しくないですか」と声がけがあるので、緊張も和らぐだろう。

4検査結果を確認

撮影した画像を見ながら大腸の中の様子について説明を受ける。特に問題がなければこれで終了。もしもポリープが見つかった場合は、それがどういう性質のものか説明を受け、必要に応じて、今後の治療計画の話へと続く。

ドクターからのメッセージ

大島 敬院長

大腸検査は苦しいという印象を思っている人も多いですが、最近は、苦痛の軽減を図りながら検査できるようになってきました。ですから、あまり過剰な心配をされずに、気軽に受診していただければと思います。当院では、私の長年の経験を生かしながら先端の機材を用い、鎮静を丁寧に行うことで、苦痛の少ない検査を心がけています。また、当院では大腸内視鏡とともに胃の内部を診る上部消化管内視鏡検査にも力を入れています。予約から1週間以内には検査ができるような体制を維持しており、お待たせせずに検査できると思いますので、ご希望の方はご相談ください。

Dr
Access