全国のドクター8,456人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月22日現在)

KAKITA DENTAL CLINIC

KAKITA DENTAL CLINIC

垣田竜太郎院長

医療トピックス

保険診療と自費診療
症状と要望に即して適した治療法を選択

KAKITA DENTAL CLINIC

保険診療

自由診療

Top

歯科治療を受ける時、どこまで保険診療で受けられるのだろうか、自費診療のほうがよいのだろうかなど、いろいろ悩むことも多いだろう。「KAKITA DENTAL CLINIC」の垣田竜太郎院長は「口の機能の回復を主目的とするなら保険診療である程度治療は行えます。一方、自費診療では治療法や材料などさまざまな選択肢の中から選ぶことができますし、機能的で審美的な面でも満足感を得られるでしょう」と話す。保険診療と自費診療それぞれの利点について垣田院長に話を聞いた。また、どんな治療においてもその後のメンテナンスが重要ということで、同クリニックの歯科衛生士の磯部幸子さんに予防歯科のポイントについても教えてもらった。 (取材日2019年9月13日)

自費診療では機能的審美的側面をより深く追求していくことが可能

保険診療ではどのような治療を受けられるのですか?

1 ▲患者一人ひとりに合った治療を提案する院長 【垣田院長】保険診療で基本的にある程度どのような疾患でも治療が可能です。ただそのルールが決められていますから、そのルールに則って歯周病や虫歯、根管治療、入れ歯、ブリッジなどの治療を進めていくことになります。主な治療目的は医学的な見地から見た、口の機能回復です。噛む、飲み込む、発声するといった基本的な機能の回復ですね。最近では虫歯の治療などの際、適応制限があるものの、歯科用プラスチックを使用して白く仕上げることも可能になっています。ただ、素材の性質上、耐久性や色調、プラークが付きやすいなどといった点もあります。

それに対して自費診療の特徴はどんなことですか。

2 ▲長い目で見たベストな治療法を患者とともに考える 【垣田院長】自費診療では保険診療のようにルールで縛られませんから、できることがたくさんあります。かぶせ物に関しては型採りの方法や材料の種類、補綴物の材料などさまざまな選択肢の中から選ぶことができ、よりこだわった治療ができます。治療の目的もよりよい機能の回復、見た目の美しさ、自然な仕上がりといった審美的な側面にもこだわることが可能。丈夫で白くプラークや着色がつきにくい素材、生体親和性の高い素材、経年劣化しにくい素材などを使って、より自然に仕上げることをめざします。機能を回復、維持すると同時により快適なお口にしたいなどのご要望のある場合は、自費診療のほうがご自身の理想をより深く追求できるでしょう。

自費診療のセラミッククラウン治療について教えてください。

3 ▲さまざまなメリットがあるセラミッククラウン治療 【垣田院長】セラミッククラウンは、セラミックを使用したかぶせ物のことを言いますが、さまざまなメリットがあります。一つは、天然の歯のような透明感のある素材で、患者さん一人ひとりの歯の色に近づけて仕上げることができ、汚れもつきにくいです。また、セラミックは生体との親和性が高く、耐摩耗性にも優れています。見た目を重視して、前歯部分のみセラミック治療を希望する方も多いですが、実は、機能面から考えると、奥歯こそセラミック治療が重要といえます。奥歯は磨きにくい上、歯石がたまりやすいからです。セラミック治療の場合、定期的にメンテナンスを行い、噛み合わせをチェックすることも長く維持するために必要となります。

院長先生の診療へのこだわりを教えてください。

4 ▲院長のこだわりが詰まった院内 【垣田院長】私は人の笑顔が大好きなので、患者さんが笑って過ごせる人生を送れるようにすること、それが基本的な目標です。おいしく食べられること、口もとのコンプレックスなく大きな笑顔で笑えること、この2つをめざしています。気になることや心配ごと、何でも聞いてもらえればどんなことでも丁寧に説明しています。一つ、技術的な特徴をあげるとすれば、セラミッククラウンなどの治療には、少し時間がかかる場合があります。それは、治療工程それぞれの段階で私が満足できるものをめざしているからなんです。精度の高い治療や型採りを私が行えれば、そのレベルに合わせて歯科技工士さんも精度の高い技工物を製作してくれると思いますしね。

予防歯科のポイントについて教えてください。

5 ▲セルフケアについて適切なアドバイスをもらえる 【磯部さん】保険診療でも自費診療でも共通して大切なのは、治療後の良い状態を維持していくことです。そのためには、自分に合った歯ブラシを使っていただくことも大切。実は、口の中を拝見しますと、生活習慣や嗜好品の好み、磨き方のくせ、利き手、食いしばりや歯ぎしりがあるかどうかなど、多くのことがわかるんですよ。これらに加えてその方の性格や生活習慣なども含めて総合的に判断しながら歯ブラシのアドバイスをしています。口腔内の変化によって歯ブラシも変わっていきますので、一生同じタイプの歯ブラシを使うということはありません。素人診断よりもやはりプロに任せたほうが間違いないと思いますので、ぜひ一度相談に来てください。

料金の目安

セラミッククラウン治療/11万円~(税抜)

ドクターからのメッセージ

垣田竜太郎院長

ご高齢になっても笑顔で食事をおいしく楽しめること、楽に口腔内をコントロールできること、それが当クリニックの歯科医療の最終目的です。どうしても目先のことばかりに走ってしまいがちですが、10年後、20年後と長い目で考えた時、今、どんな治療をするのが良いのか、そのベストな方法をともに考えていきたいと思います。症状が悪化する前に早め早めに対処していけば、身体的にも経済的にも負担が少なくて済むかもしれません。どこか気になることがあれば早目に相談に来てください。保険診療でも自費診療でも、全力でやりきっていきます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細