全国のドクター8,424人の想いを取材
クリニック・病院 161,463件の情報を掲載(2019年9月15日現在)

市川乳腺クリニック

市川乳腺クリニック

小石彩院長

30代以上は定期的に受けることが大切
乳がん検診

市川乳腺クリニック

Top

2019年に新しくオープンした「市川乳腺クリニック」。小石彩院長が一番力を入れているのが乳がん検診だ。乳がんは予防できないがんといわれ、よほど気をつけていないと自分ではなかなか見つけにくいもの。だからこそ定期的な画像診断で早期に発見することが大切だという。「ただどんな検査内容なのかよくわからない、何となく痛そうとか、漠然とした不安を抱えている方も多いことでしょう。でも一度検診を受ければ、検査の様子がわかって次の検診も受けやすくなります」と小石院長。実際、どのように検診が行われるのか、マンモグラフィとエコー検査の違いなども含めて詳しく説明してくれた。 (取材日2019年7月26日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

乳がん検診は何歳頃から受けるのがよいのでしょうか。

30代になったらぜひ一度乳がんの検診を受けてほしいと思います。市川市では乳がん検診として30代はエコー検査を2年に1回、40代以上はマンモグラフィ検査を2年に1回実施しています。できれば40代以降はマンモグラフィ検査に加え、自費にはなりますがエコー検査を併用することをお勧めします。あと、最初の検診を受けたら、その後定期的に受けることも重要です。変化がわかりやすくがんをより早期に発見することができますから。乳がんは日本では40代後半から50代前半に多くの方がかかりますが、60代前半にもまたピークがあります。その後も徐々にしか減少しません。誰でもかかる可能性のある病気ということを認識してください。

乳がんになりやすい体質や、自己触診について教えてください。

乳がんの発生にはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが深く関わっていて、このエストロゲンに長くさらされていた人はリスクが高いと考えられています。例えば、初潮が早かった人、閉経が遅い人、出産経験のない人、高齢出産の人などです。また、血縁者に乳がんになった人がいる場合もリスクが高いですね。出産経験があっても授乳をあまりしていない人は、乳腺が維持されているので安心はできません。さらに、肥満、飲酒、喫煙習慣も乳がんのリスク因子です。早期発見のために自己触診も必要です。生理のある人は生理が終わって胸の張りがおさまった頃に、また閉経後の人は日を決めて自己触診するようにしましょう。

マンモグラフィとエコー検査の違いについて教えてください。

マンモグラフィ検査は、微細な石灰化をつくるがん、特にしこりを作らないタイプのがんの発見に適しています。しこりをつくるがんの診断にももちろん有効ですが、乳腺の密度が高い方は乳腺もしこりも白く映るので発見しづらいという側面もあります。その場合はエコー検査を行うのが効果的です。エコー検査の特徴は、小さなしこりも見つけやすいこと。また、放射線を使わないので被ばくの心配もなく、妊婦さんでも受けることができます。40代以降の方はマンモグラフィとエコー、両方の検査を併用することをお勧めします。

検診・治療START!ステップで紹介します

受けつけを済ませ、問診票に記入

予約時間に来院し、受けつけをして渡された問診票に記入。問診票では、ペースメーカー、豊胸手術の有無といったことから、しこりや痛み、乳頭からの分泌など自覚症状の有無、希望する検査内容、授乳経験、月経、家族の乳がん歴の有無などについて記入。同クリニックでは、当日予約が可能なので、時間が空いた時や思い立った時にすぐに検査を受けられる。

看護師による問診で、詳細に症状を把握

記入した問診票を元に、看護師がより詳細に聞き取る。自覚症状はいつ頃からかとか、どんな症状があるのか、一番気になっていることはどんなことかなど、一つ一つ詳しく聞いていく。個室での問診なので、周りを気にせず話せる。小さな子ども連れでも検診を受けることが可能。待合室の一角には授乳室も用意されている。

マンモグラフィ検査を受ける

専用の検査着に着替え撮影開始。上下と斜め横の2方向、計4枚のマンモグラフィ画像を撮る。同クリニックでは低被ばくで精密な画像を得られる機能を備えたデジタルマンモグラフィを使用。また、胸を挟む圧迫板にも工夫がなされており、従来の検査よりも痛みが軽減されているという。撮影時間はほんの数秒で、検査全体でも5~6分程度で終わる。

希望すればエコー検査も実施

実費とはなるが、希望すればエコー検査も受けられる。同クリニックではエコー検査は小石院長が自ら行っている。最初に触診を行い、気になる部分は特に丁寧にエコーを当てて検査する。小石院長と話をしながら受けるため、その場で質問もしやすく安心感も増す。検査時間は約5~6分。

検査結果について説明

結果は検査が終わったら迅速に院長が説明。画像を見ながらの説明なので理解しやすい。何か病変の疑いがある場合は、保険診療に切り替え、詳細な検査を行う。細胞診の結果、良性で心配のない場合は、そのまま次回の定期検診を受ける。良性で経過観察が必要な場合は、半年後に再検査。悪性の場合は針生検を行い、もしもがんであればどんなタイプのがんか判断し、患者の希望に即した病院を紹介。病院での治療後のフォローも行う。

料金の目安

エコー検査/7000円(税別)、市川市マンモグラフィ検診と併用の場合/4500円(税別)

ドクターからのメッセージ

小石 彩院長

市川市の乳がん検診の受診率はまだまだ低いのが現状です。仕事や育児でお忙しいかと思いますが、なんとか時間をつくって受診していただきたいですね。当クリニックでは当日予約での受診が可能ですので、気軽にお越しくださればと思います。数年の間で症状を進行させないために、検診は1回だけでなく、継続して受けることが大切です。自己触診も行うようにしましょう。当クリニックは市川駅から徒歩1分という、総武線沿線、船橋や千葉、江戸川区などにお住まいの方も受診しやすい立地です。自費診療はもちろん、精密検査が必要な方の診察も行っています。あとで後悔しないためにも、乳がん検診はとても大切であることをご理解ください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細