全国のドクター9,320人の想いを取材
クリニック・病院 161,129件の情報を掲載(2020年10月30日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 鎌倉市
  4. 和田塚駅
  5. パシフィックデンタルクリニック
  6. 子どもから高齢者までスタッフが連携しチームで行う予防歯科

子どもから高齢者まで
スタッフが連携しチームで行う予防歯科

パシフィックデンタルクリニック

(鎌倉市/和田塚駅)

最終更新日:2020/09/14

Top Top

ただ歯磨きをして虫歯や歯周病を防ぐだけではなく、子どもの歯並びの問題や、高齢者の口腔環境など、健康にかかわるリスクを早期発見して対処することも、予防歯科の大切な役割と考えるのが、「パシフィックデンタルクリニック」の伊藤裕人院長だ。「虫歯や歯周病の予防も大切ですが、健康維持や健康増進のために、皆さんに笑顔で来ていただけるクリニックをめざしています」。そのために歯科衛生士や受付スタッフも連携して、広い視点からの予防歯科に取り組む。特に子どもの歯並びや口腔の成長サポートに力を入れており、スタッフもセミナーに積極的に参加して学ぶなど、大きなやりがいとなっているようだ。そこで、伊藤院長と同院スタッフに、チームで行う予防歯科について語ってもらった。 (取材日2019年9月13日)

子どもの歯や口腔の健やかな発達もサポート。歯科衛生士や受付スタッフも連携してチームで取り組む予防歯科

Q予防に力を入れる歯科として、スタッフはどのような存在ですか?
A
1

▲受付スタッフ、歯科医師、衛生士がチームとして患者を迎え入れる

【伊藤裕人院長】当院は、予防を重視して、患者さんに気持ち良く通院していただける環境をつくりたいと考えていますので、特にコミュニケーションを重視しています。その点、歯科衛生士は患者さんの口腔衛生の管理や、歯磨きなどの正しい習慣を整える指導に加え、不安や緊張を和らげるなど、大きな役割を果たしてくれています。また受付は、クリニックの玄関口で最初に患者さんと出会うところ。スタッフが患者さんの様子を注意深くチェックしつつ、さりげなく心配りしてくれるので安心して任せています。スタッフがみんな患者さんに好かれて信頼され、私の出る幕がないほど良い雰囲気なので、ちょっとうらやましいぐらいです(笑)。

Qでは、歯科衛生士として、どのようなことを心がけていますか。
A
2

▲チーム力抜群の明るいスタッフたち

【歯科衛生士・秋山さん】やはり緊張されている方が多いので、リラックスしていただけるように笑顔で接し、まずはあいさつや天気の話題など軽い話から入ります。その後、患者さんのお悩みや生活習慣などをよくお聞きすることを心がけています。クリーニングや歯周病ケアの際は、何より痛くないように、患者さんの負担を軽減できるよう気をつけています。また役立つ予防方法や、お子さんの歯並び・矯正治療について学び、患者さんに正しいアドバイスや情報提供ができるよう努めています。勤務年数が長くなり、顔見知りの方が増えてくると良い面も多くありますが、慣れや甘えなど悪い面が出てこないよう、常に初心を忘れないことも心がけています。

Q受付スタッフとして、どのようなことを心がけていますか。
A
3

▲患者のことを第一に考えている

【受付・伊藤さん】患者さんに気持ち良く診療を受けていただくために、心地良いと感じていただけるような笑顔の接遇を心がけています。また、来院された時や待合室での様子、治療後の様子などで気になることがある場合は、すぐに先生や歯科衛生士に伝えています。特に治療後はほっとされて、「ちょっと痛かったわ」とか「緊張してしまった」などと感想を言われる患者さんが多いので、先生や歯科衛生士へのフィードバックは大切ですね。また子どもの患者さんが多いので、ぐずったり機嫌が悪かったりというコンディションにも注意しています。高齢の患者さんの場合も体調の変化に気をつけ、必要なことはすぐに先生に伝えるようにしています。

Qこちらのクリニックで、どのような働きがいを感じていますか。
A
4

▲メンテナンスを担当する経験豊富な歯科衛生士

【歯科衛生士・新井さん】お口の中全体の環境や、全身の健康などさまざまなことを学んで視野が広がり、それを患者さんのケアやアドバイスに生かすこともできるようになりました。特に矯正治療を学ぶようになって歯並びや口の周囲の筋肉のこともわかり、患者さんとの話題の幅も広がりました。そんなところにやりがいを感じますね。また長いお付き合いの患者さんが多く、私たちスタッフのこともよく覚えてくださっていたり、お子さんの成長を感じられたりするのも「ここで働いていて良かった」と思うところですね。名所も近く働く環境としては良いと思いますが、鎌倉はお店が早く閉まるのが残念(笑)。食事に行くのは横浜や東京などが多いですね。

Qスタッフ主体の取り組みもされているとか。
A
5

▲セルフケアについて丁寧に指導してくれる

【秋山さん】今、力を入れて取り組んでいるのは、歯並びが悪くなる前に、口呼吸など癖や生活習慣を見直し、予防的な指導を行うものです。対象がお子さんなので、歯並びだけでなく、しつけやコミュニケーション、医療者として子どもを健康に導いていくための知識も学んでいます。スキルアップに関して院長の理解があり、勉強会参加などもサポートしてくださるのがうれしいですね。予防歯科では、歯科先進国ともいわれるスウェーデンで提唱された方法に基づいたメンテナンスやケアも学び、実践しています。また当院はほとんどが紹介の方で、患者さん同士のつながりも強いので、細かいところも丁寧に対応するよう気をつけています。

ドクターからのメッセージ

伊藤 裕人院長

当院は予防を重視していますので、スタッフの存在はとても大切で、全員がそれぞれの役割を果たすことでチーム医療が成り立っています。勉強も課題解決も、そして楽しいことも、一緒に取り組んでいくのが当院のスタイル。チームワークも良く、みんなが気軽に提案したり、自主的に取り組んだりしてくれるのがありがたいですね。おかげさまで患者さんも増えているので、ともに働く仲間をもっと増やし、地域のニーズに応えていきたいと考えています。そして、スタッフが患者さんに予防の大切さを伝え、その方がご家族や友達に伝えて……と予防歯科を地域に浸透させたい。歯の健康や歯並びのことを当院から積極的に発信していきたいと思います。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access