グリムデンタルクリニック

関口 宗吉院長、関口 麻美子副院長

189648 %e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

地域住民全員を虫歯・歯周病から守りたい

―お二人が歯科医師をめざした理由は?

【関口院長】父が小児歯科の開業医だった影響が大きいです。自宅とは別の場所で今も診療していますが、小さい頃は待合室の遊び場目当てによく遊びに行っていました。父のすべてを尊敬していて、今でも小児患者の対応についてアドバイスをもらうことがよくあります。
【麻美子副院長】私の家は、父が歯科医師で母が歯科衛生士、姉も歯科医師で、とても身近な職業でした。家族からは歯科医師を勧められたことはありません。でも、何かしら資格を取ったほうがいいとは言われていたので、医療関係の職に就くことは決め、その後救急救命士か歯科医師かで悩みました。決め手になったのは、当時、歯科大学に通う姉の生き生きとした様子。実習が始まっていろいろな話を聞いているうちに、姉と同じ道を選ぶのもいいなと思うようになったんです。

―休診日の過ごし方について教えてください。

【麻美子副院長】私はお友達と会っておしゃべりしたり、家でゆっくり休んだり。海外ドラマが好きなので、のんびり観たりしています。
【関口院長】以前はボートが趣味でしたが、今はあまり海に出る時間もないので、休みの日はたいてい、歯科のセミナーや勉強会に参加して終わります。今一番の趣味は、歯と顎関節(笑)。妻も誘って、一緒にセミナーへ行ったりしていますね。自分の得意分野ばかりでなく割とオールマイティーに行っていて、最近積極的に参加しているのはマウスピース型装置を使った小児矯正の勉強会。当院で取り入れられるかどうか、今まさに検討中です。

―読者へのメッセージをお願いします。

【関口院長】地域の方たち全員を、虫歯や歯周病から守りたいと思って開業しました。定期検診の意味やセルフケアの重要性を知っていただいた上で、すべての患者さんが歯を削らず、神経を取らずに済むように、スタッフとともに活動していきます。痛くてクリニックを訪れるのではなく、痛くならないために通う。そんなふうになっていただきたい。まずは当院に通ってくださる患者さんから、そうなっていただくよう取り組み始めたところです。すでに悪くなってしまっていても、メンテナンスしやすい状態にもっていくことはできます。僕たちのもともと得意な分野は総義歯ですから、どんなに難しい状態でも救えるという自負はありますので、ぜひご相談ください。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療:42万円~
歯列矯正治療:47万5000円~



Access