全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,973件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 坂戸市
  4. 坂戸駅
  5. いろどり歯科
  6. 自分で気づき、取り組む予防歯科で生涯にわたり健康な口をめざす

自分で気づき、取り組む予防歯科で
生涯にわたり健康な口をめざす

いろどり歯科

(坂戸市/坂戸駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 保険診療

虫歯や歯周病にはなりたくないと誰もが思っているだろう。しかし、普段からそのことを意識して何かに取り組んでいる人は、決して多くはないかもしれない。「誰もが持っている『健康でいたい』という気持ちと、それは自分でできるということに気づいてもらうことが大切なのです」と話すのが「いろどり歯科」の高橋哲哉院長と高橋みつ紀副院長だ。実際に、同院ではカウンセリングを重視し、患者のことを理解した上で、自身が気づいていない自分の口の中の健康に対する意識を高め、予防に対する動機づけをすることで、患者が生涯を自分の歯で健康に過ごせるようにすることをめざしている。そんな同院の予防歯科の考え方について、哲哉院長とみつ紀副院長、歯科衛生士の金莉央(こん・りお)さんの3人に話を聞いた。

(取材日2020年10月15日)

健康でありたいという気持ちに気づき、自分自身で口の中の健康を守っていくことが大切

Q予防歯科に対する基本的な考え方を教えてください。
A
1

▲患者の口内の健康を心から望む副院長

【みつ紀副院長】歯科医院に来る患者さんのほとんどは、歯が痛いとか詰め物やかぶせ物が取れたのでつけてほしいなど、予防はそれほど求めていません。そして、人間の根本的な欲求として健康でありたいというのは、誰でも思っていますが、身近に危機が訪れない限り、それが認識されないので、虫歯を削ったり詰め物をしたりして治すだけで良いということになってしまいがち。しかし、それを繰り返しているとその歯を一生もたせることは難しいのが現実ですので、私たちは患者さんの口の中の健康に対する意識を高めることで、生涯にわたって健康な口の中で過ごすためのお手伝いをするのが歯科医院だと考えています。

Qそのためには、具体的にどのようなことをするのですか?
A
2

▲気づきを与えてくれるカウンセリングルーム

【みつ紀副院長】まずは、カウンセリングで患者さんにこれまでのことを聞いて、どうして今の口の中の状態になったかを振り返ります。次に、将来はどうなりたいですかと聞きます。すると、ほとんどの患者さんから「自分の歯を残したい」「健康な口の中で過ごしたい」という言葉が出てきますので、それを一緒にかなえましょうというところから始めます。それで、歯を大切にしようという意識を引き出すのです。次に、患者さんは自分の口の中がどうなっているのかを知りませんから一緒に見ます。そうするとここが汚いとか、このままでは虫歯になってしまうなどに患者さん自身が気づいて、自分できれいにしていこうと思ってもらえるようになるのです。

Q院長は、どのようなことを心がけて診療にあたっていますか?
A
3

▲健康でいたいという気持ちに気づきを与えてくれる院長

【哲哉院長】健康は空気みたいなもので、健康なときは、それを意識しません。しかし、病気になったら、健康だったときは良かったなと必ず思うものなのです。ですから、誰もが持っている「健康でいたい」という気持ちに気づいてもらうことが必要です。そして、良い状態の口の中を保つ方法は、生活習慣病の場合と似ています。例えば、メタボリック症候群なら運動をするなど、ある程度は自分でコントロールができます。つまり、口の健康も自分自身である程度守っていくことができるのですが、それに気がついていないんです。ですから、そのことに気づいてもらうことが大切で、その上で将来自分がなりたい姿に向かって歩んでいくものだと思います。

Q歯科衛生士として心がけていることはありますか?
A
4

▲それぞれの患者に合った対応を心がける歯科衛生士の金莉央さん

【金さん】歯磨きの仕方でも、こうするんですと一方的に押しつけるのではなく、患者さんの個性や習得までのスピードはそれぞれなので、患者さんと向き合うことを心がけています。また、歯磨きをやらせるのではなく、患者さん自身が本当の歯磨きは気持ち良いものと実感できるようにすることも大切。そして、歯磨きがしっかりできないのは、技術的なことだけでなく、例えば仕事が忙しかったり、生活ですごく大変なことがあったりしたなど、心理的な問題も関係しますので、そういうことも必ず確認するなど、一人ひとりの状況に合わせて、患者さんが良い状態に到達できることを大切にしています。

Qこちらでの予防歯科の魅力について教えてください。
A
5

▲健康でありたいと願う患者とともに歩んでくれる先生たち

【みつ紀副院長】患者さんの意識が、すごく変わっていきます。自分で自身の口の健康を守っていけるという自信が患者さんにつくのだと思います。結局、不安というのは見えないからわからないとか、将来また、自分が病気になるのではないかという心配で起こると思うんです。しかし、自分のことがわかれば、その不安が少なくなり、日常生活に良い影響を与えるのではないかと思います。 【哲哉院長】将来にわたって自分の歯でおいしくものを食べることが、健康と長生きにつながるのだと思うんです。そして、当院では、私たちと患者さんがそれをめざして一緒に取り組んでいけるというのが、一番の魅力ではないでしょうか。

ドクターからのメッセージ

高橋 みつ紀副院長

まだまだ不安なこともあると思いますが、最後に私からお伝えしたいことは、多くの方が歯医者さんに行くのは怖い、でも行かないと、という気持ちで揺れ動いていることを、私たちはとてもよくわかっています。想像してみてください、10年後20年後にあなたのお口の中が健康である状態とない状態……。あなたの未来が楽しく健康であること、私たちにとってもこれ以上に大切なことはないのです。そんな未来を一緒につくっていきませんか?

Access