全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,973件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 坂戸市
  4. 坂戸駅
  5. いろどり歯科
  6. 歯を守ることをめざすマイクロスコープを用いた精密な根管治療

歯を守ることをめざす
マイクロスコープを用いた精密な根管治療

いろどり歯科

(坂戸市/坂戸駅)

最終更新日:2021/10/12

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

虫歯が重症化し、歯の根の中にある神経が炎症を起こしてしまったことで、その歯を抜くしかないと言われた経験を持つ人もいるだろう。そして、そのようになってしまった歯をできるだけ抜かず、残すために行うのが根管治療だ。実際に、「マイクロスコープやラバーダムも用い、丁寧に歯の根の治療を行うことで、自分の歯を残したままにできることは少なくありません」と「いろどり歯科」の高橋哲哉院長は話す。大学病院でも根管治療を専門としてきた高橋院長に、マイクロスコープを用いた根管治療とその流れについて、詳しく話を聞いた。

(取材日2020年10月7日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q根管治療とは、どのような治療ですか?
A

虫歯が進行して歯の根(根管)までばい菌が入り、神経が炎症を起こしてしまった場合や、一度神経を取って治療した歯の根の先に膿がたまっている場合に行います。細菌感染をしている部分を削ったり、洗浄消毒することで、その歯の根を治療し、抜歯を避けるために行う治療です。ズキズキ痛むとか、温かいものがしみるなどの強い痛みが出ている虫歯は、ばい菌が神経まで入り、神経を取らなくてはならない可能性が高いのですが、神経を取ってしまうと、その後抜歯につながる可能性も高くなります。神経をできるだけ残すことが大切で、やむを得ず神経を取ることになっても、抜歯につながらないようにしっかりと根管治療をすることが必要となります。

Qマイクロスコープとは、どのような機器なのですか?
A

歯科用顕微鏡のことをマイクロスコープと呼びます。歯の根管は0.1ミリ以下の太さで、もしマイクロスコープがないと、手探りの状態で治療を行うことになります。しかし、マイクロスコープを用いれば、患部を肉眼の20倍ほどの大きさで、明るく照らしながら診ることができます。それにより、肉眼では見えない非常に細かな歯の根の中まではっきり見えるため、さまざまな治療の精度が上がり、結果として再治療のリスクが減るなど多くのメリットがあると考えられます。マイクロスコープを使いこなすにも技術が必要ですが、どうしても見えない部分が残りますので、そういう部分にも技術や経験、知識を生かしながら治療を行うことが重要です。

Q根管治療で心がけていることは何ですか?
A

できる限り、これ以上ないというくらいに根管の中の細菌を減らしたいと思っています。そのために、マイクロスコープで患部を見る、細菌を少なくする、ラバーダムを装着するなど、治療のすべての過程において丁寧に行うことを心がけています。また、根管治療を行った歯のほとんどは、大きく歯を失ったところにかぶせ物をすることになりますが、その歯に再度虫歯ができると、抜歯をするしかないような状態になることが多いのです。そのため、カウンセリングで、歯を抜きたくないとか、自分の歯でいつまでも生活をしたいなど、将来をどうしていきたいのかを患者さんに考えてもらうことで、歯の健康に対する意識を高めることも大切にしています。

検診・治療START!ステップで紹介します

1丁寧なカウンセリングで自身の歯の状態を理解

まずは、カウンセリングを受ける。カウンセリングでは、治療内容の説明などに加え、同院では、患者が将来、どうしたいのかを必ず確認。歯を抜きたくない、ずっと自分の歯で生活がしたいなどの希望とその理由を患者自身に考えてもらうことで、自分の本当の気持ちに気づいてもらう。そうして、口の中の健康に対する意識を上げることで、治療した歯が再治療にならないようにすることを大切にしているという。

2CT撮影で、患部の状態を確認

CT撮影を行い、患部の状態を確認する。通常のエックス線撮影では、2次元的な画像となり、重なりのある部分がはっきりとわからないことがあるが、CTなら3次元的な立体画像で根管の形や歯の根の先の炎症の状態などを把握できるという。同院では、根管治療の際に必ずCTを撮影するのではなく、まずはエックス線撮影を先に行い、その情報だけでは不十分だと判断したときにCT撮影を行っている。

3治療中の細菌感染を防ぐためラバーダムを装着

治療をする歯にラバーダムを装着する。口の中には通常、非常に数多くの細菌がいるといわれており、治療中の感染リスクを減らすことが大切だ。治療する歯以外をラバーダムと呼ばれるゴム状のシートで覆うことで、治療している場所に細菌が入らないようにすることができ、再治療になるリスクを軽減できるそうだ。

4マイクロスコープを用いた根管治療

マイクロスコープを用いた根管治療を受ける。治療では、主に感染している場所の細菌を削り取ったり、洗浄消毒を行ったりする。同院では、1回目は90分、2回目以降は60分の時間を取り、丁寧に治療を行っている。治療は、多くのケースで2〜4回行う。通院間隔は、基本的に週に1回だが、炎症がひどいときなどは1週間ではあまり変化がないので、2〜3週間空けてから治療を続けることもあるそうだ。

5治療終了後もメンテナンスで口の中を健康に保つ

治療が終了したら、定期的に通院してメンテナンスを受ける。根管治療を行った歯は、再度虫歯になると、抜歯しなくてはいけないような歯の根まで達する虫歯になることが多いという。そのため、治療後も定期的に通院しメンテナンスを受けることや、自宅でのセルフケアをしっかりと行うことで、歯の健康を保つことが大切になる。

ドクターからのメッセージ

高橋 哲哉院長

私は、大学病院でも根管治療を専門としてきて、マイクロスコープやラバーダムも用い丁寧に治療を行っています。歯を抜くしかないと言われた方も、根管治療によって抜かずに治療を進められるケースも多く、もちろん医学的に残せないケースもありますが、その場合にはちゃんと説明して、次の治療を提案しています。歯を抜くしかないと言われて悩んでいるのなら、ぜひ一度当院を受診してください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

根管治療/3万円~

Access