全国のドクター9,265人の想いを取材
クリニック・病院 161,206件の情報を掲載(2020年9月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 溜池山王駅
  5. ヒルサイド赤坂デンタルクリニック
  6. 研鑽を積んだ専門の歯科医師が行うインプラント治療

研鑽を積んだ専門の歯科医師が行う
インプラント治療

ヒルサイド赤坂デンタルクリニック

(港区/溜池山王駅)

最終更新日:2020/09/10

Main Main
  • 自由診療

インプラント治療は、自然な見た目で、天然歯に近い噛み心地を得られると考え、抜けた歯の代わりとして希望する人が多い。しかしその一方で、「インプラント治療を受けたが調子が悪い」「インプラント周囲炎が悪化した」という人、あるいは「インプラント治療を受けたいと希望しても無理だと言われた」という人も少なくないのだとか。そんなインプラントに関する問題を解決し「インプラント治療で人助けをすることが自分の使命」と考えて「ヒルサイド赤坂デンタルクリニック」を開業したのが宮原宇将院長。インプラントの発祥地スウェーデンや東京医科歯科大学大学院で研鑽を積んできたインプラントのスペシャリストである宮原院長に、インプラント治療のメリットやリスク、知っておきたい治療の実際を取材した。 (取材日2020年8月4日)

安心や安全、長持ちなどのポイントで知っておきたいインプラント治療のメリットやリスク、治療後のケア

Q歯を失った際の治療には、どのようなものがありますか?
A
1

▲院長はインプラント治療にまつわる研究にて博士号を取得している

歯を失った際の治療法には、ブリッジ、入れ歯、インプラントがあります。ブリッジは隣の歯を削って支台にして、かぶせ物をしていくもの。失った歯の分まで残った歯で支えていきますし、健康な歯を削ることで歯や神経を痛めやすく、かぶせ物の接着面から虫歯になりやすいデメリットがあります。部分入れ歯はクラスプというバネが目立つことや、取り外す手間がかかること、食べたり飲んだりするときに不具合が起きやすいデメリットがあります。その点、インプラントは、ブリッジのように他の歯を痛めることもなく、入れ歯のように取り外す手間もなく、見た目も自然でしっかり噛んで食べやすいなどメリットの大きい治療と言えるでしょう。

Qでも、インプラントには不安なイメージもあります。
A
2

▲的確な診断をするための設備が充実している

確かに、「手術が嫌」「失敗したらと思うと怖い」「腫れて痛くなりそう」などとリスクを考え、不安になる方も多いようです。歯科医師には、これらの不安を払拭するような治療技術が必要でしょう。例えば下顎の奥歯にインプラントを埋入する場合や、歯周病などによって著しい骨吸収が起きている場合は、埋入位置が神経の通る下顎管と近く、神経を傷つける可能性もあります。そのため歯科用CTやインプラント専用の解析ソフトを活用していくことで、こうしたリスクを防いでいきます。インプラント治療は、豊富な経験のある歯科医師による治療と、連携する歯科衛生士のケアによって、リスクの軽減をしていけると考えています。

Qインプラント治療は、顎の骨と関わりが深いのですか?
A
3

▲口腔内の状況をきちんと説明した上で治療へ進む

インプラントは、歯を支える歯槽骨にインプラント体を埋め込んでいきますので、顎の骨との関係が重要です。重度の歯周病や、歯が抜けた後をそのままにしておいた場合、歯槽骨が減少する骨吸収が起こり、安全にインプラントを埋め込むために必要な骨の高さや厚みが確保できないこともあります。このような場合、歯周組織を再生するための方法として骨造成を行うこともあります。また、インプラント治療後に、インプラント周囲炎により骨吸収が進み、炎症などトラブルが起こることもありますから注意が必要です。

Qインプラントも定期的なメンテナンスが重要と聞きました。
A
4

▲丁寧なメンテナンスを行ってくれるスタッフが在籍

インプラント治療後に起こり得るトラブルとしては、インプラントのがたつき、上部構造物の欠け、インプラント周囲粘膜炎と呼ばれる歯茎の腫れ、インプラントの周囲の炎症などが考えられます。また、噛み合わせは加齢などによっても少しずつ変わるため、噛み合わせが悪くなってインプラント周囲の骨吸収が起こることもあるので、その意味でも定期的な受診は重要です。当院では、術後のメンテナンスにおいても必要に応じてレントゲン撮影も行い、骨の状況や噛み合わせ、歯茎の状態、歯の汚れ、人工歯の欠け、ネジのゆるみなどを徹底的にチェックし、トラブルを未然に防ぐようにしています。

Qこちらのインプラント治療の特徴を教えてください。
A
5

▲衛生面も徹底、口腔内バキュームは各ユニットに配置

私は大学院で骨造成について研究し、スウェーデン留学でインプラント治療の勉強を重ねてから、大学病院で難症例や、治療後に再治療となった方、そして症状が悪化した方などの治療を行ってきました。インプラント治療においては、経験を積んだ専門の歯科医師が行うことで、患者さんの不利益となる再治療を減らしていきたいと考えています。当院ではレントゲンや歯科用CTを用いて精密に診査や診断を行って治療方針を決め、患者さんが納得し、安心して治療を受けられるようにすること、また歯科衛生士と連携したメンテナンスやホームケア指導にも力を入れることで、術後トラブルのない、長持ちするインプラント治療を提供できるよう努めています。

ドクターからのメッセージ

宮原 宇将院長

私は、留学や大学病院で培ってきた経験をもとに、専門性の高いインプラント治療を提供していくことで、人助けをしていくことが使命だと思っています。インプラント治療は、適切な材料と技術・知識を持って行えば、患者さんにとってメリットの大きな治療法であると考えています。治療によってトラブルが起きてしまう患者さんを減らすためにも、責任を持って向き合いたいと考えています。これからインプラント治療を受けようかと考えている方はもちろん、インプラント治療を受けた後に何かしらのトラブルが起きてしまった方の再治療についても、ぜひご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/55万円〜、骨造成/16万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access