求人情報ON
三鷹通り眼科

三鷹通り眼科

西條 裕美子院長

20181022 bana

「三鷹通り眼科」は文字どおり、三鷹駅から南へまっすぐ伸びる三鷹通り沿いにある眼科のクリニックだ。もともと三鷹の住人だった西條裕美子院長が、この場所で19年間続いた眼科医院の後を継ぐような形で、リニューアルオープンした。電子カルテや時間帯予約制を導入し、キッズスペースを設けるなど、患者がより快適に受診できるよう、こまやかに配慮。また今も慶應大学病院で専門であるドライアイの外来診療を担当しているキャリアを生かし、精度にこだわった機器や新しく得た情報もクリニックに還元している。気持ち良く整い広々としたクリニックで診療にかける思いを聞いた。
(取材日2018年10月3日)

電子カルテの導入でよりわかりやすい説明を

―ここはもともと眼科のクリニックだったそうですね。

19年の間ここで診療していた前の院長先生が体調を崩されて、後を引き継ぐような形で開院しました。私ももともと三鷹に住んでもう10年になります。クリニックのある三鷹通りも、出産の際に杏林大学病院まで通うとき、いつもバスで通っていました。大好きな三鷹で地域医療に携われることになってうれしく思っています。ちなみに開院は7月3日の「涙の日」なんですよ。「涙の日」自体があまり知られていないのが残念ですが、私の専門はドライアイなので、そこはちょっとこだわりました。三鷹はファミリーでお住まいの方が多いので、おかげさまで開院以来赤ちゃんからご高齢の方まで幅広くおいでいただいています。

―院内は広々としていますね。

開院するにあたって、内部はリニューアルしました。中に入ってこられて「こんなにきれいなクリニックだったの」と驚く患者さんも少なくないんですよ。院内はバリアフリーで、車いすの方もベビーカーの方もそのまま診察室やトイレに入れるようになっています。ここは眼科の前は整形外科のクリニックだったそうで、トイレもとても広くとってあります。視力検査も、都心では省スペースの視力検査装置を使っているところが多いと思いますが、ここはスペースにゆとりがあるので、5メートルの距離をとって行えますね。

―キッズスペースもあります。

リニューアルするとき、思い切って電子カルテを導入しました。それで以前の医院では紙のカルテを置いてあったスペースをそのままキッズスペースにしてみました。私も2人の小さな子どもがいますので、お子さんを病院に連れていらっしゃるお母さま方のご苦労がわかります。待ち時間も退屈しないよう、壁にきれいなイラストを貼り、雑誌やおもちゃを置いています。待ち時間の短縮という意味では、ウェブ上から予約の取れる時間帯予約制も取り入れました。24時間いつでも、スマートフォンからでも予約ができます。例えば9時に予約した場合、9時から9時半の間に来院していただき、その時間内に来ていただいた順番でご案内するようにしています。もちろん予約がなくても受診できます。

―電子カルテにはさまざまなメリットがありますね。

電子カルテはどうしても導入したいとこだわりました。紙のカルテより作業の能率が格段に良くなり、患者さんの待ち時間を短くすることができることが一つ。もう一つは眼底の写真や視野検査の結果などをすぐに診察室のパソコンに写し出せるようにしたかったんです。患者さんに現在の状態をご説明するとき、しっかりと目で見てご理解いただけるようにしたいと思いました。例えばOCTで網膜を撮影した後、その画像をお見せしながら「網膜に薄いところがあるので緑内障が疑われます。一度視野検査をしましょう」というように、すべてを患者さんご自身に確認していただいてから治療を進めたいと思っています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細