全国のドクター8,482人の想いを取材
クリニック・病院 161,435件の情報を掲載(2019年10月19日現在)

岡歯科医院

岡 昌由記 院長

18841

京王新線の初台駅東口から徒歩2分、初台交差点に面して建つビルの5階にある「岡歯科医院」は、岡昌由記院長が2000年1月に開院、現在の場所に2014年に移転した。「患者さまと一生付き合っていける信頼関係の構築」をモットーに、中でも歯周病やインプラント治療、及びそれらを使って行う「包括的な治療」に力を入れている。院内はプライバシーに配慮し、完全個室、半個室になっているのも魅力だ。「真剣に歯科医療の知識と技術を磨いているので、それを患者さんの治療に正しく応用していきたい。そして患者さんにとっての正しいゴールを見つけたい」と語る岡昌由記院長に、治療に対する考え方と、今後の展望についてたっぷりと話を聞いた。
(取材日2017年7月25日)

初台駅徒歩2分 完全個室・半個室完備の快適治療

―初台に開院したいきさつを伺えますか?

開業したのは2000年の1月です。自宅から通いやすい地域でいい場所はないかと探している中で出会ったのが、ここ初台です。初台はビジネス街であると同時に大通りを一本中に入ると閑静な住宅街なので、当院に通われる患者さんも層はとても幅広いですね。以前はこの近くにある劇場の正面で開院していましたが、手狭になったので2014年に現在の場所に移転しました。今の場所は前に比べるとだいぶ広くなり、ユニットもおかげで増やすことができました。ある程度の広さがあったほうが、患者さんはリラックスできますし、スタッフがゆったりとした気持ちで働くことができるんです。今はとても快適に仕事ができていますね。

―院内の環境づくりで気を配った点、こだわった点は?

まず院内に半個室を2つ、完全個室を2つ作りました。患者さんのプライバシーに配慮したいというのがその大きな理由です。加えて、インプラントの手術後やデンタルエステの施術後に、個室だと照明を落としてゆったり過ごしていただくことができるんですよ。また待合室は濃い茶色を基調に緑色の椅子を置いていますが、こちらも含めて院内の色は私が選びました。患者さんにリラックスしていただければと思いますね。またスタッフが動きやすいように廊下などもスペースをゆったり贅沢に使っています。以前のクリニックから通ってくださっている患者さんからも「新しくなって良くなったね」と言っていただくことが多いですね。

―歯科医師をめざされたきっかけは?

漠然とですが、医師という仕事に興味はありました。ただ、子どもの頃はまじめに勉強していたと思いますけど、とくに目立った感じの子どもではありませんでした。大学は当初、理系の大学に入学して工学部に在籍しましたが、将来の仕事について考えた時、誰かに雇用されるのではなく自分で独立した仕事を持ちたいという希望がありました。そこで昔憧れていた歯科医師をめざすべく広島大学の歯学部へ入学し直したんです。入学してみると、ほかの専攻から歯学部へ来る人はそれほど珍しくなく、同期の2、3割は転向してきた学生でしたね。開業志向の人が途中で目覚めるというか、そういうことはよくある話なんだなと思いました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細