林歯科医院 用賀

林 幹智院長

188351 %e6%9e%97%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

東急田園都市線用賀駅東口から徒歩2分ほど。都心からほど近く、高級住宅地が立ち並ぶエリアに門を構える「林歯科医院 用賀」は、町の歯科医院では難しいといわれている口腔外科やインプラントなどの専門的な治療に対応可能な歯科医院だ。院長を務める林幹智(はやし・よしのり)先生は、複数の歯科医院の勤務やインプラントに注力する歯科医院の副院長を務めた経験を生かし、さまざまな患者のニーズに応えることに努めている。「患者さんへは、自分の近親者のように接したい」と笑顔で話す姿からは、穏やかで温かな人柄が感じられる。そんな林院長に、患者目線の歯科医院づくりや設備、小さな子どもと歯科医院の関わり方、同院の今後の展望などじっくり話を聞いた。
(取材日2018年9月27日)

インプラントや口腔外科まで対応可能な歯科医院

―開院までの道のりや思い、この地に開院された理由を教えてください。

日本歯科大学生命歯学部を卒業後、昭和歯科大学歯科病院で研修を経験し、7年間勤務医としていくつかの歯科医院で経験を積み、2018年8月に開院しました。口腔内全体のバランスをしっかり把握した上で、どうするのが患者さんにとってベストかを考え、一口腔単位で治療していきたいという思いを持っています。落ち着いた雰囲気が、僕自身の診療スタイルに合うと思いこの場所を選びました。実際に開院してみて、比較的デンタルIQの高い方が多いように感じます。とくに若い世代、お子さんをお持ちの世代の方は意識の高さを感じますね。

―インプラントや口腔外科まで対応していると聞き驚きました。

いろいろな患者さんのニーズに応えられるよう、一般歯科・歯周病・ホワイトニング・矯正・インプラント・口腔外科など幅広い診療を行っています。町の歯科医院で、口腔外科やインプラントまで対応しているケースは珍しく、大学病院へ紹介状を出してもらうのが一般的だとは思いますが、口腔外科だと昭和大学で研修していた頃のつながり、インプラントだと直近で勤務していたインプラントクリニックのつながりで、専門の歯科医師に来ていただいて対応してもらうことが可能です。また、インプラントだと寝ている間に処置できる静脈内鎮静法という方法を用いているのですが、麻酔科の歯科医師や医師に対応を依頼しています。インプラントは長くかかる治療なので、街の歯科医院に通院できるのは患者さんにとっての負担も少なく、一ヵ所で完結できることは大きなメリットだと思います。

―歯科医院というよりもおしゃれなカフェのような雰囲気ですね。

入口から院内全体がガラスで囲われているので、明るい光が入り開放感があるところが気に入っています。患者さんに安心して通院してもらえることに重きを置き、温かみを感じるようなウッド調のブラウンやグレー系の色合いを使用しています。照明も暖色系のものを選びました。診察室へ向かう廊下は、緊張を和らげて少しでもホッとしてもらいたいという思いからじゅうたんにしています。またインプラントで麻酔を使用する治療だと、30分から1時間休んでいただく必要があるので、個室でゆっくり時間を過ごしていただきたいという思いから、個室の特診室を設けました。付き添いのご家族が一緒に待つ可能性も想定して、広めになっています。インプラント治療だけではなく、プライバシーを重視する方にもご利用いただけます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細