おざき矯正歯科

尾崎 正英先生、尾崎 美和先生

187326 %e3%81%8a%e3%81%96%e3%81%8d%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91

東急多摩川線・下丸子駅から徒歩2分の「おざき矯正歯科」は、尾崎正英先生と尾崎美和先生が夫婦で診療する矯正歯科専門の歯科医院。漆喰の白壁に木の風合いを生かしたナチュラルな雰囲気の待合スペースには、ビタミンカラーのかわいらしいソファーが設置され、明るく温かな雰囲気が漂っている。正英先生、美和先生ともに大学病院や矯正治療の専門施設で研鑽を積み、20年以上矯正治療を専門に携わってきた。「矯正治療は子どもや若いうちにしかできないと思われがちですが、40代、50代からでも遅くはありません。始めたいと思ったときが治療の適齢期だと思います」と話す両先生に、クリニックの特徴や矯正治療の意義など話してもらった。
(取材日2018年7月18日)

一人ひとりと丁寧に向き合う診療をめざして

―まずは開院までの経緯をお聞かせください。

【正英先生】私は鶴見大学歯学部を卒業後、日本で早くに矯正歯科専門を掲げた歯科医院に6年勤め、歯科医師の父が運営する一般歯科医院で矯正治療を専門に診療していました。他にも、神奈川や埼玉、千葉などの病院・クリニックからも矯正治療の依頼を受けていたのですが、患者さんが多いので少し時間をかけて治療したいと思ってもかなわなかったり、自分がめざす診療を100%実現するのは難しいと感じることがあったんです。それで、患者さんにとって良い診療ができる環境をつくりたいと思い、開院を決意しました。

―美和先生はいかがですか?

【美和先生】私も大学卒業後は大学病院や矯正治療専門の施設など、多くの医療機関で20年ほど矯正治療に携わりました。やはり患者さんの数が多く、お待たせしないよう複数の歯科医師が診察するのが主流でしたね。受診のたびに先生が変わり、その技術に差があるというのは、自分がめざす歯科医療ではないと思っていました。だから、最初から最後まで自分たちで診療し、密に情報共有しながら責任を持って治療にあたれる今のスタイルは理想的だと思っています。また、初診時のカウンセリングや診断には約1時間、通常のチェアタイムも1回30~40分取り、1日に診療する患者さんの人数を制限することで、一人ひとりにしっかり時間をかけて丁寧に治療することをモットーにしています。

―クリニックの強みは何だと思いますか?

【正英先生】私も妻も長年矯正専門の歯科医院で診療にあたり、専門性を磨いてきました。例えば、大学病院では実際に患者さんを診ることで経験を積むのに対し、矯正専門の歯科医院ではまず症状の分析・判断を行い、それを検討会で他の歯科医師に共有・意見交換しながら治療計画を立てます。おかげでたくさんの知識と、多角的な視野を養うことができました。それを生かして、患者さん一人ひとりに合った治療計画を考え、実践できるのが当院の強みではないかと思っています。

―内装もすてきですね。コンセプトは?

【正英先生】歯科医院特有の無機質さをなくしたアットホームな空間にしたくて、以前宿泊したホテルの内装を参考に、海辺をイメージしてデザインしました。白い壁に木の自然な風合いを生かしたインテリアを置いて、落ち着いた雰囲気にしています。待合スペースの床に埋め込んだ砂浜をイメージしたオブジェには、私たちが旅行先から持ち帰った貝殻も入れてあるんですよ。心が和む環境を整えることで、歯科医院に苦手意識を持っている方にもリラックスして治療を受けていただければうれしいですね。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細