求人情報ON
あいと歯科

あいと歯科

渡邊愛斗院長

専用マウスピースによる
いびきと睡眠時無呼吸症候群の治療

あいと歯科

保険診療

自由診療

Main

肥満や顎の骨格、口周りの筋機能の問題などで、眠っているときに舌の根っこが喉の方向へ下がってしまうことで、呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。日中の強い眠気や疲労感、集中力や記憶力の低下などの症状に加え、循環器の病気や高血圧、糖尿病といった生活習慣病にも悪影響を与えることがわかっている恐ろしい病気だ。「あいと歯科」の渡邊愛斗院長は、大学病院勤務時代から、いびきや睡眠時無呼吸症候群のマウスピースによる治療やアスリート向けのマウスピース製作に専門的に取り組み、歯科技工士などへの製作指導もしていた経験を持つ。そんな渡邊院長に、マウスピースによるいびきと睡眠時無呼吸症候群の治療について教えてもらった。 (取材日2018年6月29日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

いびきの原因は、何ですか?

主に単純性のいびきと睡眠時無呼吸症候群の症状としてのいびきの、2種類があります。単純性のいびきは、風邪やアレルギー性鼻炎、飲酒などによって一時的に起こるもので、それらの原因が解消すれば、いびきもしなくなります。そして単純性のいびきとは違って慢性的に、時には家族から指摘をされるほどの大きないびきをかくのが、睡眠時無呼吸症候群によるいびきです。肥満や顎の骨格、口周りの筋機能の問題などで、仰向けに寝ると重力によって舌の根っこが喉の奥の方に沈みやすくなってしまい、上気道が狭く、あるいは閉塞してしまうことで睡眠時無呼吸症候群となり、その代表的な症状である大きないびきをかくようになります。

睡眠時無呼吸症候群は、なぜ問題になるのでしょうか?

睡眠時無呼吸症候群になると、起床時の頭痛や日中の強い眠気や疲労感、集中力や記憶力の低下などの症状が現れるようになります。そしてより重要なのが、心筋梗塞や脳梗塞などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病と大きく関係していることです。睡眠中に呼吸が止まることで血液中の酸素が不足し、動脈硬化や不整脈が引き起こされる恐れがあります。また、熟睡できないことが、血圧や血糖値の上昇の原因となったり、新陳代謝に異常を来して肥満になったりしやすくなることもわかっており、その結果、生活習慣病のリスクまでが高くなります。実際に睡眠時無呼吸症候群を治療したら、血圧が下がったという報告もあります。

歯科では、どのような治療ができますか?

マウスピースによって治療をします。睡眠時無呼吸症候群治療専用に作られたマウスピースを睡眠中に装着することで、下顎を若干、前の位置で固定すると同時に、いびきをかく人の多くは口呼吸になっていますが、マウスピースをはめることで睡眠中に口を開かなくなります。これらによって睡眠中の舌の根っこが、喉の方向へ下がることを予防して、気道が狭くなったり、ふさがってしまうことを防ぎます。マウスピースには、上下顎一体で装着中は口を開けることができない健康保険が適用になるモノブロック型と、装着時の拘束感が少なく、つけたままで会話や咳、あくび、水を飲むこともできる自由診療の上下顎分離型の2種類があります。

検診・治療START!ステップで紹介します

問診票に記入後、診察を受ける

受付を済ませ、いびきと睡眠時無呼吸症候群の診療専用の問診票に記入し、その後に診察を受ける。まず、喉の奥のほうなどの構造を確認していびきの原因を特定する。保険診療のマウスピースによる治療を希望するのであれば、内科や耳鼻咽喉科で診断を受け、処方指示書を発行してもらう必要がある。寝具の調整や姿勢の改善で治る場合やマウスピース治療が適さないこともあるので、まずはカウンセリングなどを受けるのが良いだろう。

虫歯治療や口腔内クリーニング後、歯型を採る

口の中を確認し、歯石があればクリーニングを、虫歯や外れかけの補綴物などがあれば、それらを先に治療する必要がある。それらの治療が終わり口の中に問題がなければ、マウスピースを作るため上下の歯型を採る。印象材で型を採るだけなので、長くても10分程度で終了する。続けて専用の測定器を使って、下の顎の稼働範囲を測定する。多少の歯並びの悪さや入れ歯などがあっても、マウスピースは問題なく作ることができる。

マウスピースを製作

マウスピースを製作する。モノブロック型であれば、最短で3日。上下分離型なら、2週間程度で完成する。モノブロック型は、硬いプラスチック製。上下分離型は、歯が当たる部分が、ソフトな素材になっている。多くの歯科クリニックでは歯科技工所へ製作を外注するが、同院の渡邊院長は、マウスピース製作に豊富な経験を持つため、同院内で製作することも多く、必要なときには修理やメンテナンスにも対応してくれる。

完成したマウスピースを装着する

完成したマウスピースを実際に装着して、微調整を行う。顎の動き方は人それぞれなので、顎関節の動きも確認しながら顎関節症などにならないように調整する。上下分離型のマウスピースには、顎の位置を微調整できるスクリューがついており、より細かい調整が可能だ。最初のうちは違和感があるが、徐々に慣れてくる。また、朝起きたらマウスピースが外れていることもあるが、睡眠に影響がなければ、特に気にしなくて良いそうだ。

定期的に診察を受ける

1週間後に再診を受け、マウスピースや装着に問題がないかを確認する。朝起きたときに顎の疲労感が出ることもあるが、それが夕方まで残るようであれば、調整が必要だ。特に問題がなければ、1ヵ月後に再度チェックを受ける。その後は、定期的に歯科クリニックで睡眠時無呼吸症候群の治療を続けるか、医科の医院からの紹介であればもとのクリニックに戻り、治療を続ける。

料金の目安

上下顎分離型マウスピース14万円(消費税別)/ 上下一体型マウスピース2万5000円(消費税別)※医師の紹介状がある場合、保険診療可

ドクターからのメッセージ

渡邊 愛斗院長

私がいびきや睡眠時無呼吸症候群の診療に力を入れるのは、それらに苦しむ人を助け、いかに良い睡眠をとってもらうかということに加えて、いびきで苦しんでいるベッドパートナーも助けたいからです。うるさくて別々に寝ている人が、また一緒に眠るようになって、仲良くなってくれれば良いなと考えています。内科や耳鼻咽喉科のクリニックで睡眠時無呼吸症候群と診断された人はもちろん、いびきが大きいと家族から指摘されたり、日中も強い眠気を感じる、眠っても疲れが取れない、夜中に何度も目が覚めてしまうといった症状でお悩みの方は、一人で悩むのではなく、ぜひ気軽に相談に来てほしいと思います。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細