全国のドクター9,122人の想いを取材
クリニック・病院 161,398件の情報を掲載(2020年4月04日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市青葉区
  4. あざみ野駅
  5. あざみ野クマザワデンタルクリニック
  6. 審美性に加え再治療の予防にも役立つセラミックを用いた治療

審美性に加え再治療の予防にも役立つ
セラミックを用いた治療

あざみ野クマザワデンタルクリニック

(横浜市青葉区/あざみ野駅)

最終更新日:2020/03/02

20200203 main2 20200203 main2
  • 自由診療

セラミックを用いた治療というと、審美面を重視した高額な治療というイメージを持つ人は少なくないだろう。しかしセラミック素材は見た目の美しさだけでなく、機能面でもメリットがあるという。「あざみ野クマザワデンタルクリニック」の熊澤亮人院長は、素材にこだわり一人ひとりに合わせた治療をするからこそ、審美的な側面だけではなく、予防という側面でもメリットがあることを患者に伝えている。そのため同院では見た目の美しさよりも、再治療の予防や現在の状態を維持することを目的に、セラミックを用いた治療を希望する患者が多いという。セラミックの特徴、セラミック素材を使った治療のメリット、セラミックを用いた治療に対するこだわりなどを詳しく教えてもらった。 (取材日2020年1月17日)

審美性に加え、汚れにくく、経年劣化が少ないセラミック素材で、再治療の予防に努める

Qセラミック素材はどのような場合に用いますか。
A
20200203 1

▲受付の対応が丁寧でうれしい

再治療を避けたい場合ですね。例えば神経を取る、取らないという瀬戸際まで虫歯が進行した歯があったとします。その時点で治療ができても、次に治療が必要になったら神経を取る、あるいは歯を抜くということになりかねません。ですから再治療はなんとしても避けたいですよね。金属素材を使った詰め物やかぶせ物、いわゆる銀歯は5年から10年で経年劣化が起こるともいわれています。そのため歯との間に隙間ができ、そこから虫歯菌が入って再治療につながる。実際、経年した銀歯を外すと、虫歯になっていることも多いのです。一方、セラミック素材は経年劣化がしにくいという特徴があります。ですから再治療のリスクが低くなると考えています。

Qセラミック治療のメリットはなんですか。
A
20200203 22

▲穏やかな口調で丁寧に説明してくれる熊澤院長

まず、皆さんがご存じのように見た目の美しさ、審美性です。次に、経年劣化が少ないこと。そのため、お話ししたように再治療を防ぐことに役立つのです。さらに、虫歯になりにくいというメリットも期待できます。一人ひとりに合わせて作製するので歯にぴったりとフィットしやすく、虫歯菌が入りにくいのです。また汚れがつきにくいというのもセラミックの特徴の1つ。材質が金属の場合、一説には金属イオンが菌を引き寄せてしまうともいわれていて、プラークや汚れがつきやすいのです。ですから再治療を防ぐためだけでなく、口腔内全体の菌への影響も考慮して、予防という観点からもセラミック素材をお勧めしています。

Q治療はどのように行うのですか。
A
20200203 3

▲患者とコミュニケーションを取りながら診療を行う

型採りをして歯科技工士に詰め物やかぶせ物を作ってもらい、詰める、かぶせるという治療の工程自体は、セラミックでも銀歯でも同じです。もちろん治療の前には、メリット、デメリット、期間や費用もきちんとご説明します。けれどもその前に、治療が必要になった過程と、治療後には何をすればいいのか、そういった全体的な流れをしっかりとお話しします。また、お口の中をきれいに保てないと治療をしても意味がなくなってしまうので、ブラッシングやフロスの使い方もチェックします。そうすることで患者さんの治療に対する意識も高まりますし、その後の定期的なメンテナンスにもつながり、結果的に良い状態を長く維持することが期待できるのです。

Qこちらならではの特徴はなんですか。
A
20200302 4 1

▲妥協のない治療を行っている

患者さんお一人お一人に、ぴったりとフィットする技工物をご提供するため、歯科技工士と綿密に連携をとり、こだわり抜いて作っています。セラミックの詰め物、かぶせ物を作るにはテクニックが必要なのです。ですから当院では熟練の歯科技工士にお願いしているのですが、ちょっとしたところが気になって作り直してもらうことも少なくありません。患者さんにも「技工士さん泣かせですね」とよく言われるのですが、クオリティーを追求するためにも納得できるまでやりとりをするのです。その分、患者さんをお待たせすることになり「すみません」と謝ることもあるのですが、ご満足いただける精密な仕上がりになっていると思います。

Q治療を受ける歯科医院を選ぶポイントはありますか。
A
20200203 5

▲明るいスタッフが対応してくれる

信頼できる先生に相談することではないでしょうか。口腔内のトラブルには、虫歯や歯周病など菌を原因とするケースと、歯ぎしりや食いしばりで歯が折れたり割れたりする力の負担によるケースがあります。歯科医師の仕事は、それらをどうにかして口腔内の良好な状態を継続させていくこと。歯科医師はその重要性をわかって治療をしなければならないと思うのです。例えばセラミックは衝撃に弱いので、歯ぎしりや食いしばりの強い方には向いていません。誰にでも適しているわけではないのです。ですから、その方の歯にとって本当に良い治療を提供することにこだわりを持つ先生に、セラミックについて聞いてみてはいかがでしょう。

ドクターからのメッセージ

熊澤 亮人院長

歯は何度も治療を繰り返すと、そのたびに削られることになり、どんどん薄くなっていってしまいます。その結果、折れたり割れたりするリスクが高まってしまう。それを避けるためには虫歯にならないように予防をすることですが、残念ながら虫歯になってしまった場合は、再治療をしないことが重要です。セラミックは、汚れがつきにくく、歯と密着しやすい上に劣化しにくいという特徴から予防にも役立つ素材だと考えています。しかし万能というわけではありません。あくまで選択肢の1つです。当院では患者さんにセラミック素材だけを無理にお勧めすることはありませんので、興味のある方、もっと知りたいという方は、気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックを用いた治療/6万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access