イーストワン歯科本八幡

イーストワン歯科本八幡

東 郁子院長
新規開院

186574 %e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%b3%e6%ad%af%e7%a7%91%e6%9c%ac%e5%85%ab%e5%b9%a1

京成八幡駅から徒歩1分。他の2駅からも徒歩圏内の利便性に優れた場所にオープンした「イーストワン歯科本八幡」。診察時間は午前8時から。会社員も仕事の前に治療を受けることができる。「一人ひとりが何に困っているのかしっかりと聞くようにしています。話しているうちに別の困り事を見つけることも多いんですよ」と話してくれたのは、院長の東郁子先生。オープンしてまだ間もないが、地域の住民たちから大きな信頼を寄せられていることが感じられる。インタビューでは、開業に至った経緯や診療方針、今後の展望など多岐にわたって話を聞いた。終始穏やかな笑顔で応じてくれた東院長は、緊張しがちな患者をリラックスさせる力を持っているように感じた。
(取材日2018年4月11日)

地域の期待に応えられるように

―開業されて間もないですが、この地域の印象はいかがですか?

開院前に内覧会をしたのですが、多くの方に来ていただきました。その中の半数以上の方が「定期的に歯科の定期検診を受けている」とおっしゃっていましたし、開院後も初診でいらっしゃる方は定期検診をご希望される方が多いんです。そのことから、この辺りはデンタルIQが高い方が多いんだなという印象を持っています。まだ開院してからあまり時間がたっていませんが、10代の学生から高齢者まで、多くの患者さんに来ていただいているので、地域の皆さんの期待に応えられるようにこれから頑張っていきたいと思っているところです。

―開業でこだわったことはありますか?

診療時間を朝8時からと早めに設定しました。私自身、朝が得意ということもあるのですが、8時から診療を始められれば出社前に治療を受けられる会社員の方もいらっしゃるんじゃないかなと思ったんです。また年配の方は朝早いほうが通いやすいという声もあり、開院時間を8時に決めました。また、この場所を選んだのは、3路線の3つの駅から徒歩圏内で、多くの患者さんにとって利便性が良いと感じたからです。多くの方のお役に立ちたいと思っているので、人口が増加している地域というところにもこだわりがありました。この物件は偶然業者さんが見つけてくださったのですが、「空き物件」などの看板が出ていたわけでもなく問い合わせたら1年以上空いていて入れることがわかったそうなんです。目の前の通りも人通りが多いですし、良い場所に巡り会えたなと思っています。

―設備の特徴などを教えていただけますか?

歯科クリニックで診療を受けたことがある方ならどなたでも座ったことのあるリクライニングする椅子は、歯科治療で必要な基本的な設備が付属している機器で「ユニット」と呼ばれています。当クリニックでは新型のタイプを導入しました。歯を削るときに自動的に出てくる水は、低濃度過酸化水素水で水の流れる回路はバクテリアの繁殖もなく清潔です。水の量や温度が従来のものと違うので、だいぶ痛みが軽減されるようです。勤務医をしていた頃と削り方自体は同じなのですが、麻酔を使用せず治療が終了することがぐっと増えました。やはり痛みが嫌で歯科医院と疎遠になってしまう方も多いので、なるべく痛みを軽減して患者さんの負担を減らすことができればとこのユニットを選びました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細