明大前アートクリニック

明大前アートクリニック

北村誠司院長

医療トピックス

内視鏡を得意とする専門の医師ならではの
患者に優しい不妊治療

明大前アートクリニック

自由診療

3

不妊に悩む夫婦は6組に1組ともいわれ、不妊治療を受ける夫婦の割合が増えている。最近では「不妊症」や「不妊治療」「妊活」という言葉がメディアで取り上げられる機会も増え、不妊の原因が必ずしも女性だけにあるとは限らないという認識も広まりつつある。しかし、実際は勇気を出して受診したものの、男性側に不妊の原因があるとわかった途端、別の専門機関を受診するよういわれてしまうケースも少なくない。「ただでさえ大変な思いをしている中、患者さんにゼロから関係を築き直すようなことは避けたいんです」と語るのは、「明大前アートクリニック」の院長、北村誠司先生。長年不妊治療に携わってきた北村先生ならではの技や、不妊治療の検査方法や受診のハードルを下げるための取り組みについて聞いた。(取材日2018年3月14日)

不妊治療に特化した専門クリニックだからこそ提案できる選択肢

スイムアップ検査とはどういうものでしょうか。

1 ▲男性不妊にも対応する数少ないクリニック 精子の受精する力を調べて、体外受精のためにいい精子を選別するための技術です。当院では精子の受精する力に応じてタイミング指導、人工授精や通常の体外受精などの通常の受精と顕微授精のどちらの方法がより適切なのかを判断するために用いています。患者さんの中には、精子の所見が非常にシビアなのに、タイミング指導や人工授精(ご主人の精液あるいは精子調整液を子宮内に注入する方法)を繰り返されていたというケースも少なくありません。当院ではスイムアップ検査の結果を踏まえ、早めにより効果の見込める体外受精、または顕微授精に進めるので、いたずらに人工授精やタイミング治療の回数を重ねることはありません。

TESE(精巣内精子回収法)について教えてください。

2 ▲「患者さんのあらゆる悩みに応えたい」と語る北村院長 TESE(精巣内精子回収法)とは、射出された精液中に精子がまったく認められない無精子症の方に対して、麻酔をかけつつ精巣組織の一部を切除して顕微鏡下にこれをほぐして精子を探し出し、顕微授精を行う方法です。当院では2回以上精子を調べて、必要が認められた患者さんに連携している専門機関でTESEを受けていただき、取り出した精子を使って顕微授精を行う方針です。また、当院の培養室では成績を上げることは当然ですが、それだけではなく患者さんに思いを馳せながら心ある技術と医療を提供できるよう心がけています。

AMH(抗ミューラー管ホルモン)検査について教えてください。

3 ▲患者に丁寧に説明し理解を得てから検査を実施 卵巣から出ているAMH(抗ミューラー管ホルモン)というホルモンを測ることで、卵巣にある卵子の在庫数の目安を調べる検査です。検査自体は採血による血液検査のみです。卵子の数は年齢とともに減少していくので、年齢別の基準値に対する卵巣機能評価法のひとつです。数値が高くても妊娠に適した卵子が多いとは限らず、逆に数値の低い方でも妊娠に適しているよい卵子が多いケースもあります。当院では数値が低いからといっていきなり体外受精を勧めるようなことはせず、通常のタイミング受精の周期を短めに設定するなど、患者さんの心にも体にも配慮しながら治療を進めています。

こちらでは子宮鏡下卵管通水検査を受けることもできるのですね。

4 ▲あらゆる選択肢の中から、妊娠するためのより良い治療を提案する 子宮卵管造影検査で卵管が映らない場合、当院では子宮鏡下卵管通水検査を行います。子宮鏡で卵管口を確認後、卵管へ細いカテーテルを入れて色素水を卵管に注入し、スムーズに入っていくかどうか観察することで、卵管の詰まり具合を調べる検査です。順調に進めば4~6分程度で済み、お腹がチクチクしたり張ったり感じることがありますが、負担になるほどではないと思います。実際、卵管鏡下卵管通水検査を行うと、半数以上の患者さんに通過性が確認できます。内視鏡を得意とする当院で25年以上の実績がある検査なので、ぜひ試してみていただきたいと思います。

サロンの運営を企画されているそうですね。

5 ▲広々とした待合室でサロンの実施を予定 理想の医療を実現するために、来年あたりからサロンを始める予定です。当院に通っている方や不妊治療に興味のある方に集まっていただき、不妊に大敵な冷えの予防や、妊娠につながる体をつくる食生活についてなどスタッフと一緒にざっくばらんに話せる場にしたいと思っています。サロンを通じて、患者さん同士が悩みや不安を共有したり、何より私自身を知っていただけるというメリットがあります。当院では、基本的にすべての診療を私が責任をもって診ています。治療に入る前に担当医である私自身やクリニックの雰囲気を知っていただくことで、不妊治療に関する受診のハードルを下げられたらうれしいですね。

料金の目安

初診料 5,000円/抗ミュラー管ホルモン検査 7,000円 他

ドクターからのメッセージ

北村誠司院長

当院には不妊検査や治療にさまざまな不安や悩み、つらい気持ちを抱えた患者さんが大勢いらっしゃいます。当院では私を含めてスタッフ全員が患者さんの気持ちに寄り添い、ここへ来てよかったなと思っていただけるような対応を心がけています。中には他院でなかなか思うような結果を得られず、すがるような思いで来られる方もいらっしゃいます。30年近く不妊治療に携わってきた経験と実績を生かして、一人ひとりの患者さんにとって、より適切な検査や治療法を提案させていただきます。不妊治療でお悩みの方がいらしたら、まずは気軽にご相談ください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細