勝どきウィメンズクリニック

勝どきウィメンズクリニック

松葉 悠子院長

186267 %e5%8b%9d%e3%81%a8%e3%82%99%e3%81%8d%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

地域のニーズに合わせ、セミオープンシステムに対応

―セミオープンシステムにも対応されているそうですね。

セミオープンシステムは、妊娠健診を地域のクリニックで行い、出産は設備の整った病院でするというもの。この地域にセミオープンのニーズがあったので、それに応えていきたいと思っています。大学病院の勤務医をしていたとき、順調な妊婦さんも病気を抱える患者さんもみんな受け入れることで、現場がいっぱいいっぱいになってしまうのを感じましたし、患者さんにもストレスを感じさせてしまっていました。それを解消するための手段として、セミオープンシステムは有用です。順調であれば妊娠32週まではクリニックで健診し、出産は病院でという医療機関の使い分けは、待ち時間や通いやすさの点で妊婦さんにもメリットがあると思います。もちろん、病院とクリニックの間でしっかりとした連携が取れていることが前提ですが、クリニックでは毎回同じ医師が担当するというのも、大きな安心材料になると思います。

―勤務医から開業医になられたことで、診療面で特に違いを感じることはありますか?

大規模病院でしかできない診療はもちろんありますが、クリニックを開業したことによってより患者さんに寄り添った診療ができるようになりました。看護師さんとの連携も取りやすくなり、患者さんの求めることに対応しやすくなったと思います。その反面、より詳しい説明を求められるようになったとも感じています。患者さんにとっては、同じ医師でも”大きな病院の医師”と”クリニックの院長”では安心感に違いがあるのかもしれませんね。ですから、患者さんにはなるべく丁寧に説明し、理解をしてもらうように心がけています。また病院とクリニックでは、入ってくる情報の量が違いますから、先端医療を提供できるように、常に研修などで知識を得るようにしています。

―診療の際に大切にされていることを教えてください。

産婦人科には妊婦さんだけでなく、不妊症や体の不調を訴える患者さんなど、さまざまな悩みを抱えた方が来院します。ですから、まずはこちらから声をかけるよりも、できる限り患者さんの話を聞くようにしています。その上で、患者さんの希望と医学的見地の両立を図ること。わかりやすい例で言えば、治療のためにピルを服用したほうがいいと思われても、患者さんがそれを望まないことがあります。まず、なぜピルを服用したほうがいいのか、それによってどんな効果が望め、どんな副作用が考えられるのかを理解し、納得していただくことが重要です。治療方針はなるべく患者さんの意に沿うようにしたいと思っていますが、医師として伝えるべきことはしっかり伝える、そこは大切にしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細