半蔵門スマイルライン矯正歯科

半蔵門スマイルライン矯正歯科

矢澤 貴院長

Banner

半蔵門の駅から徒歩2分。麹町駅や永田町からも徒歩6分と便利な場所にある「半蔵門スマイルライン矯正歯科」。矢澤貴(やざわ・たかし)院長は豊富な経験を持つ矯正専門の歯科医師で、日進月歩で変化する先進的な治療方法を積極的に導入しながら診療を行っている。「患者に家族のように優しく寄り添う治療」をモットーに、診療時間を長くとり、さまざまなサポート体制を整えている。壁材の一つ一つから選び抜かれた、院長のこだわりが詰まった院内で話を聞いた。
(取材日2018年1月16日)

患者に大切な家族のように寄り添う治療を

―開業した半蔵門には長くお住まいだそうですね。

結婚してから半蔵門に移り住んで15年になります。義父はこの土地で代々の豆腐屋を営んでおりました。また現在でも母校の役員や町会の仕事も積極的にやっています。物件探しをしている間、知らない土地よりもそんな頼れる義父のいる地元で開業をしようと考え始めていました。住まいとクリニックは徒歩で行き来できる距離で、私の中では通勤時間よりも、患者さまの診療に多くの時間を使いたいという思いもありました。医院名のスマイルラインという用語は、笑顔ときれいな歯並びを示す一つの指標で、すてきな笑顔づくりのお手伝いを通じて、子どもから大人まで来院されるすべての患者さまに、健康で幸せな生活を送っていただきたい」という願いを込めています。

―洗練されたきれいなクリニックですね。かなりこだわって造られたと伺いました。

ご来院いただいた患者さまが少しでも緊張を和らげていただけるよう、落ち着いた美術館のような空間をイメージして造りました。壁材はベージュのタイルにしたいと思い、そこから床材、天板を決めたんです。また、内装業者さまからイタリアなどの輸入品を扱うお店をご紹介いただき、毎日通い洗面ボウルまで自分で選びました。その他、プライバシーに配慮するため2つの診療室は個室にしています。その上、その1つの診療室とカウンセリングルームは道路に面していて、大きい窓からは日射しが差し込み、明るく開放感があります。患者さまにとって、とても居心地の良い環境をご提供できるかと思いますので、くつろいだ気持ちでご来院していただけたらうれしいです。

―診療の際、どのようなことを心がけていらっしゃいますか?

患者さまには大切な家族のように寄り添うということです。患者さまによって気になっていること、ご不安な点はさまざまです。矯正は通院が長いので治療を円滑に進められるよう、いつでもお一人お一人のご不安や疑問に耳を傾け、コミュニケーションを大切にしています。例えば初診相談の患者さまには、25年以上の経験から培ってきたたくさんの引き出しの中から、ご要望に合ったオーダーメイドの治療法をご提案ができればと思いますし、治療方針で迷った際は、いつも家族ならどう治療すべきか? と自問自答しています。中にはコンプレックスを抱えている方もいらっしゃるので、少しでも心の支えになれたらと思っています。これらは矯正の歯科医師として当然の役目ですが、医療人である前に人としての目配り、気配り、心配りのほうが大事かと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細