白金台おがわクリニック

白金台おがわクリニック

小川 惇郎院長、松下 玲子副院長

新規開院

185935 %e7%99%bd%e9%87%91%e5%8f%b0%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%8f%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

専門領域は違っても内科の医師としての姿勢は同じ

―先生方はなぜ医師を志されたのでしょうか。

【小川院長】もともと家族に医療従事者はいなかったんですが、家族や身の回りの人の健康管理をしたいという思いから医者を志しました。命に関わる重大な病気になる前に未然に防ぐ治療ができればと考え、糖尿病や高コレステロール、高血圧などを診る診療科目を選びました。今は地域のかかりつけ医として、つらい経験をする前に患者さんたちの健康を守っていければと思い、診療をしています。
【松下先生】小さい頃、祖父母の家の近くに医院があり、そこの先生がいつも穏やかで、患者さんに寄り添うことのできる医師でした。先生の笑顔を見るだけで、安心感から不思議と少し元気になって帰れるんです。そこからこういう人になりたいと思い、医師としてめざす姿にもなりました。消化器内科は、診断から治療まで幅広く対応できる内視鏡に魅力を感じ、また救急から慢性の病気、数少ない根治できるがんの治療など多岐にわたる分野を学べることに魅力を感じました。

―医師としてお互いをどのような先生だと思っていらっしゃいますか?

【松下先生】病院で一緒に働いていた時期も長いのですが、患者さんに対して優しく穏やかで、何を言っても受け止めてくれる先生だという印象を持っています。あまり医師の話を聞いてくれないような患者さんでも、院長にはすっと心を開かれるんです(笑)。それはすごいなといつも思っていました。
【小川院長】私には専門としている科目もありますが、胃カメラのような手技がありません。一方、妻は手に技術のあるので、職人気質なところがあるかもしれません。でも患者さんの話に耳を傾け、一緒になって治療を進めるというところは同じです。それぞれの専門領域が違うので、普段の診療でもいろいろと相談ができるのは心強いですね。若い女性など女医さんに診てほしいというご希望も多く、うまくバランスがとれているのかなと思っています。

―今後のクリニックの展望についてお聞かせください。

【松下先生】どんなことでもとりあえずあそこへ行ってみようと思っていただけるクリニックでありたいと思っています。病院との連携もしっかりしていますので、何かあればすぐご紹介できますし、女性ならではの症状のご相談や女医の胃カメラをご希望の方にも来ていただければと思います。
【小川院長】患者さんにはクリニックの専門性も含めて知っていただきたいですね。糖尿病を専門的に診られるクリニックは都内でも少ないですし、ゆくゆくは往診にも力を入れていきたいです。専門的な治療を求めている患者さんにも、日頃の体の不調まで、幅広く診られる医院としてこれからも利用していただければと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細