みやもとクリニック

みやもとクリニック

宮本 昌之院長
頼れるドクター掲載中

185930 %e3%81%bf%e3%82%84%e3%82%82%e3%81%a8%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

痛みに配慮した内視鏡検査と充実した健康診断内容

―消化器外科で活躍された経験は、今大いに役立っているのでは?

そうですね。人の生き死にの第一線に長くいましたから、症状を診て緊急性があるかないか、ある程度の予測がつくことは強みだと思います。教科書に書いていないような体験も多くしてきましたから、検査だけでなく触診、聴診の大切さも身にしみていますし、小さな症状をそのままにするとどんな病気が起こり得るかなど経験を踏まえた説明もできます。加えて、1次診療でしっかりと診断することの重要さがわかった上で診療しますので、2次、3次病院への紹介が必要なときにもエビデンスを示したデータとともに紹介状を書いてお渡しすることができます。治療が終わって当院に戻られたときも、病診連携を取りデータの共有をしますので、病後の診療も安心、安全のための体制を徹底していますよ。

―得意とされる診療はありますか?

これまで消化器外科で培った経験を生かし、つらくない内視鏡検査を行うことをめざしています。経鼻、経口ともに細径ファイバーを使用し、希望があれば鎮静剤を用いて、寝ている間に検査を終えることもできます。また内視鏡検査だけでなくその周辺臓器も診られるようにエコー(超音波検査器)も導入しました。現在は甲状腺、頸動脈、心臓、腹部のみですが、いずれは臨床検査技師を雇い、ニーズに合わせて乳腺エコー検査も行えるようにしたいですね。呼吸器、循環器の検査のための心電図測定装置、血圧脈拍検査が一体となった装置、肺機能検査のためのスパイロメーター、デジタルエックス線、これらの検査で得られる情報はすべて電子カルテに集約しました。システムが整ったことで、そのぶん私は患者さんの診療に専念することができます。

―設備、システムに強いこだわりをお持ちなのですね。

患者さんに安心して帰っていただくための検査だと思っていますから、設備や機器もきちんと整えました。一般的な健診に加え”トータルエイジング検査”として、血管年齢、骨年齢、肺年齢を測定するセット、そのうちのどれか一つを行う”プチ・エイジング検査”といったセットをつくり、健康診断の内容を充実させています。また、がん検査のための”キャンサーチェック検査”という、腫瘍マーカー検査のセットをつくりました。男性は大腸・肺・食道・喉頭・皮膚・膵臓・胆管・胆のう・前立腺、女性は前立腺を卵巣と子宮頸部に内容変更し、全身のがん検査をワンセットで受けられるようにしています。血液検査だけで手軽に行えるため、がん検査の最初の一歩として有効です。



Access