ヒルウェストデンタルクリニック

ヒルウェストデンタルクリニック

西岡 典昭院長

185765 %e3%83%92%e3%83%ab%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

東急田園都市線、藤が丘駅から歩いて3分の場所にある「ヒルウェストデンタルクリニック」は、予防歯科と審美歯科に注力するクリニック。西岡典昭(ふみあき)院長が2017年に開院してから、来院する患者の要望を踏まえ、「歯科医院は患者さんに応じて変化すべき」と考えて方針を固めた。患者に合った治療を行うことをモットーとしており、患者の生活背景や希望をくみながら治療プランを立てていく。説明する際には口腔内写真などを活用して目で見てわかるようにすることも心がけているという。「歯は失うと二度と元には戻りません。定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことが大切」と話す西岡院長に、診療への思いや取り組みについて聞いた。
(取材日2018年4月28日)

歯科医院は患者によって姿を変えるべき

―まずはこちらに開院された理由をお聞かせください。

当院のオープンは2017年で、それまでにも私は東京都と横浜市で複数のクリニックを運営してきました。当院を開院しようと物件を探していた時に、たまたま業者の方から藤が丘駅近くのこちらを紹介され、利便性が高いだろうと考えて開院を決めました。今までは主に小田急線の沿線でクリニックを運営してきたので田園都市線沿いの藤が丘には土地勘がありませんでしたが、オープンしたところ20、30代の若い女性の患者さんが圧倒的に多く、驚きました。

―若い女性の患者が多いのは珍しいですね。どんな主訴が目立ちますか。

ええ。私は歯科医師になって約30年になりますが、過去にこれほど若い方の多い歯科医院に勤めたことはありません。藤が丘の土地柄なのかもしれませんね。患者さんの多くは歯に対する関心が高く、また口の中もきれいです。重度の虫歯や歯周病に悩んでいる方は少ないですから、ご要望としては「虫歯や歯周病になりたくない」「このまま長く健康な状態を保ちたい」「歯の見た目をきれいにしたい」「歯を白くしたい」といったものが目立ちます。歯科領域としては予防歯科や審美歯科にあたるご要望が多いですね。

―では、貴院が注力する分野は予防歯科と審美歯科なのでしょうか。

そうです。当初は私の守備範囲であるインプラントを軸に打ち出そうかと考えていましたが、患者層を考慮して方針を変えました。私が今まで複数の歯科医院を経営してきて思うのは、クリニックはあくまでも患者さんありきのものだということ。患者さんが望むことに合わせて柔軟にそのあり様を変化させていくことが重要です。歯科医師として患者さんの健康を考えて「こうしたほうがいいだろう」と思うことは確かにあります。しかし患者さんによってお仕事や家庭環境、経済状況、歯に対する考えはそれぞれ異なりますから、押しつけてはいけません。まずは患者さんのお話とご希望をお聞きして、その方に合った治療を行うようにしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細