求人情報ON
ココネスクリニック

ココネスクリニック

坂口 文希院長
頼れるドクター掲載中

185329 %e3%82%b3%e3%82%b3%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

「同じ治療を受けるなら、少しでも仕上がりがきれいなほうがいい」そんな悩みに応えてくれるのは、藤沢駅南口にある「ココネスクリニック」。院長の坂口文希先生は、同院で診療するすべての科を診ることができるジェネラリストとして、眼科や皮膚科、形成外科、アレルギー科、漢方治療と幅広い内容で子どもから大人まで、多くの患者の信頼を集める町のかかりつけ医。ただ治療すればいいというのではなく、治療によって患者が幸せになることを常に考えているという坂口先生に、同院ならではの治療のメリットなど詳しく聞いた。
(取材日2018年10月17日)

多角的な視点から総合的に病気を診る

―まずはクリニックの特徴について教えてください。

当院は、眼科、皮膚科、形成外科、美容外科を標榜する地域密着型のクリニックです。ものもらいや結膜炎、緑内障の治療からコンタクトレンズの処方、しみやほくろの除去、アレルギー、男性のAGAなど多岐にわたる診療に対応しています。割合でいうと女性の患者さんが多めですが、駅からも近く、土・日・祝日も診療しているため、お子さんからご高齢の方まで、さまざまな疾患の患者さんにお越しいただいています。ホームページを見て来られたという患者さんも多いです。

―複数の科を標榜するメリットについて教えてください。

1人の医師で複数の診療科目に対応できるということは、患者さんのさまざまなニーズに応えられるだけでなく、1つの疾患に対して多角的な医療アプローチが可能になるというメリットがあります。例えば、夕飯を作っている時に油がはねて目元にやけどしてしまった場合、まずは眼科や皮膚科の処置が必要です。軽いやけどであればそれで十分ですが、植皮が必要な場合は形成外科を中心とした治療が必要となりますし、さらに傷痕が残らないようにするためには、美容外科的なケアも必要となります。当院では日帰り手術にも対応している他、漢方なども用いながら、多角的なアプローチによる治療が可能となっています。すべて当院一ヵ所での診療なので、患者さんの負担も少なくて済むという点でも喜んでいただけているかと思います。

―「ココネス」というクリニック名について教えてください。

「ココネス」というのはスタッフと一緒に考えた言葉で、「ここで」「幸せ(happiness)に」なってほしいという思いが込められています。大学病院に勤務していた頃、ゆくゆくは開業したいと考えておりましたので、「総合的になんでも診ることのできる医者」をめざし、すべての科を学ばせていただきました。美容外科を専門にしてからは、師と仰ぐ先生に形成外科や皮膚科、麻酔科などを専門的に学び、さらに見た目にこだわったデリケートな要望にお応えするため、手術のみならず漢方などの薬やレーザー機器を用いたり、日常生活における肌の手入れなどをアドバイスするなどさまざまなアプローチで診療するようになりました。当院では、ただ治療するだけでなく美の向上により、患者さんにより高い満足、ハピネスを得ていただける治療をめざしています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

AGA治療/2000円~、ほくろやしみの除去/2500円~、眉間のしわのケア/3万5000円~ 、 眼瞼下垂手術(両目)/8万円~、目頭切開(両目)/25万円~(いずれも税別)



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細