田町芝浦歯科

田町芝浦歯科

望月 力院長

頼れるドクター

184671

患者が笑顔になる機会を増やしたい

―望月院長の考える治療のゴールとは何でしょうか?

来院される方の中には、なぜご自分に虫歯ができてしまうか理解されていなかったり、間違った情報を鵜呑みにされていたりと、さまざまな考えをもった方がいらっしゃいます。しかし、そこの意識が変わらないと歯科に対する意識の変化は難しいです。そのため、患者さんの立場に寄り添ってわかりやすく現状をご説明し、歯科への意識付けを行っています。そして、こちらでメンテナンスに移行しやすい口腔環境を整えた後、患者さんご自身からメンテナンスを希望される状況をつくることを理想としています。

―診療を行う上で、スタッフに伝えていることはありますか?

すべての工程を確実に行えなければ、良い治療を患者さんにご提供することはできません。そこでフィードバックをしっかり行うように伝えています。患者さんが訴えていることには必ず理由がありますから、なぜそうなってしまったのか、また、どうしたらそれを防げるのか、原因と対策はしっかり考えるよう徹底しています。勤務医時代の院長にはよく「問題点があれば、自分で調べて考えてからもってくるように」と言われていました。そこで問題点を見つけ、解決方法を考える能力が培われたのだと思います。「すべては準備と段取りで決まる」との教えをスタッフと共に現在も実行していますから、もしも患者さんに何か問題が起きたときも早めに対処をすることができます。

―最後に今後の展望をお聞かせください。

近いうちに診療チェアも増やす予定です。今後もアンテナを張り、良い治療法や材料があれば積極的に取り入れ、さらに前へと進んでいきたいですね。そして、どんな治療にも対応できるよう、クリニックのキャパシティーもスタッフのレベルも上げていきたいと思います。お口の中を整えることは、生活の質の向上にもつながります。診療を通して、患者さんが笑顔になる機会を増やせたらいいですね。ちょっとしたことでも疑問があれば、お気軽にご相談いただければと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細