求人情報ON
湘南平塚下肢静脈瘤クリニック ネット予約する 今日予約可

湘南平塚下肢静脈瘤クリニック

秋好 沢林院長
新規開院
頼れるドクター掲載中

184250

スタッフとの連携を重視した患者目線の医療

―日帰り治療は、どのくらい時間がかかるのでしょうか。

下肢静脈瘤手術の場合、早いと15分から20分くらいですね。リカバリー室で休息をとった後、ご自分で歩いてお帰りいただけます。でも昔は手術に2時間くらいかかっていました。その2時間のために、6時間も7時間も準備をしていたんですよ。CTなどの検査結果を詳細に見て暗記し、実際にどういうふうに手術するか、最初から最後まで何度もシミュレーションをします。こういった積み重ねを何年にもわたって行ってきた経験から、より早く丁寧にできるようになったと感じています。実は大学時代にアメリカンフットボールをやっていたのですが、準備に時間をかける意識はそこで培われたのだと思います。2時間の試合が年間に5試合、その10時間ほどのために1年間、つらいトレーニングや練習、作戦会議などを反復して行うのです。集中力と目的達成能力、持続力がかなり鍛えられましたね。

―先生の診療方針をお聞かせください。

僕は医師になった当初から、「名医であるより良医であれ」をモットーにしてきました。今もそれは変わりません。ですから患者さんに対して厳しいことをいうときもあります。例えば患者さんが薬も飲まない、指導も守らないと「それじゃダメだよ、来ている意味ないよ」とね。本当にその人のことを考えたら、はっきり言わなくてはいけないこともありますから。友人でも夫婦でもビジネスでもそうですが、まともに向き合ったら喧嘩や衝突はあると思うんです。でもその衝突を恐れていたら、事態は好転しません。医療も同じ。優しいことを言っているだけでは、ダメなこともあるのです。

―クリニックの特徴をお教えください。

優秀なスタッフが在籍していることです。血管外科の医師がいることも特徴の一つだとは思いますが、本当の意味での自分のクリニックの特徴は、スタッフだと思っています。医療現場では、医師が患者と接する時間は実は少ない。一番接しているのは、実は看護師さんやスタッフなんですよ。「スタッフを大事にすれば、それはオートマチックに患者さんを大事にすることにつながるんだ」と言っている医師もいました。僕もそのとおりだと思います。患者さんを医療の中心に据えるのであれば、優秀なスタッフがいることが決め手になるのではないでしょうか。その点、僕は本当に優秀なスタッフに巡り合うことができて、それだけでも開業して良かったと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細