全国のドクター8,903人の想いを取材
クリニック・病院 160,933件の情報を掲載(2021年10月22日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 品川区
  4. 大井町駅
  5. 医療法人社団健鳳会 アイクリニック大井町
  6. 仕上がりの美しさも追求眼瞼下垂の手術

仕上がりの美しさも追求
眼瞼下垂の手術

アイクリニック大井町

(品川区/大井町駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 保険診療

まぶたが垂れ下がることで視野が狭くなる眼瞼下垂症。加齢やハードコンタクトレンズの長期的な使用など、さまざまな要因で誰もがかかりうる目に関する病気だ。「視野が狭まり見づらくなることで、肩こりや頭痛を引き起こす可能性もあります」と警鐘を鳴らすのは、「アイクリニック大井町」の院長を務める愛新覚羅維(あいしんかくら・い)先生。東京大学医学部附属病院で多くの症例にあたり、研鑽を積んできた。関連施設の「アイクリニック神楽坂」に出向いて行う眼瞼下垂症の手術においては、単にその症状がなくなればいいという考えではなく、仕上がりの見た目にもこだわるのだとか。眼瞼下垂症の主な症状や、同院ならではの強みなどを聞いた。

(取材日2021年9月9日)

日帰り手術も可能だからこそ、年齢のせいだと諦めてほしくない

Q眼瞼下垂症とはどのような病気でしょうか?
A
1

▲男性の患者も多く来院

眼瞼下垂症は、目が開いていても上まぶたが上がりづらい、もしくは垂れ下がってしまう状態をいいます。大きく分けて、生まれつき筋肉や神経が作用しない「先天性」と「後天性」の2パターンあり、当院に訪れるほとんどの方は後天性です。後天性の眼瞼下垂症になる要因は、加齢によるものが多いのですが、若い方でもハードコンタクレンズの長期利用や目のこすり過ぎによる刺激で、罹患するケースもあります。主な症状としては、視野が狭くなること。重度になると、無理やり上まぶたを上げようとするため、おでこの筋肉が疲れやすかったり、しわが深く刻まれることも。その他、肩こりや頭痛、眼精疲労など、体全体に影響を与える可能性もあります。

Qどのような治療を行うのでしょうか?
A
2

▲丁寧なカウンセリングを心がけている

眼瞼下垂症の基本的な治療方法は手術です。上まぶたを持ち上げる筋肉を短くする、もしくは上まぶたの皮膚を部分的に切除し、上がりやすい状態をつくっていきます。当院では私が関連施設の「アイクリニック神楽坂」へ出向いて手術を行いますが、迅速かつ少ない出血量で済むように、手術には金属メスではなく炭酸ガスレーザーを用います。時間は両目で30~40分ほど見ていただいています。痛みを気にされる方もいますが、術前に局所麻酔で皮膚の下に麻酔薬を注入し、浸透させてから手術に入るため、痛みはほとんど伴わないでしょう。

Q術後について教えてください。
A
3

▲仕上がりにはこだわりをもって治療にあたる

術後も痛みはあまりありませんが、腫れたり、違和感を感じたりすることはあります。腫れは術後2週間で8割ほど、1ヵ月で9割ほどがひいていき、その後はゆっくりと自然な状態へと移っていく場合が多いです。手術当日の入浴と術後1週間の飲酒は控えていただいたほうが、血管の拡張が起きにくいため、腫れもひきやすいです。1週間から2週間後に行う抜糸が終われば、メイクも通常どおりできるようになります。保冷ジェルを挿入できるアイマスクなどを使い、よく冷やしてもらうことが、ダウンタイムを短くするためのケア方法としてお勧めです。痛み止めの薬や角膜保護の目薬、傷口に塗布する軟膏薬は適宜処方していきます。

Q先生が行う治療には、どんな特徴がありますか?
A
4

▲気になっている人は相談だけでも来てほしいと語る愛新覚羅院長

まずは、手術で用いる炭酸ガスレーザーです。こちらを使用することで手術をスピーディーに進められ、出血や炎症を抑えていくことも可能になるメリットがあります。手術時間が長いほどダメージも大きいですから。また仕上がりの美しさにもこだわりを持っています。当院の手術は全例顕微鏡下で緻密かつ丁寧に行います。基本的には両目を手術しますので、左右差のない形にしていくことが第一。さらに患者さんが描く完成イメージとずれがないように、時間をかけてカウンセリングをし、手術直前にも最終確認を行います。

Q手術に保険は適用されるのでしょうか?
A
5

▲手術は「アイクリニック神楽坂」にて行う

はい。当院では保険適用内の手術しか執り行っていません。先述のとおり、美容の観点からも仕上がりにはこだわっていますし、細かい要望にもなるべくお応えしていくようにしています。やはり目は、その方の印象を決定づける大切な部位ですので、見た目の美しさについても今後も追求していくつもりです。一方で、美的なこだわりが極度に強い方には、美容外科クリニックの受診もお勧めしています。費用や治療期間も異なってきますので、当院と比較していただくのがいいでしょう。患者さんの最善の策を一緒に考えていけたらいいですね。

ドクターからのメッセージ

愛新覚羅 維院長

眼瞼下垂症という病気自体を知らずに、視野の狭まりを見過ごしている方も多いと思います。一見しっかりと目が開いている状態に見えても、実は長年上まぶたを無理に上げ続け、眉毛の位置やおでこの皮膚まで上がっていたなんて方もいらっしゃるのです。まぶたが重い、目の下がくぼんでいる、肩凝りがなかなか良くならないといった症状は、眼瞼下垂症が関係しているかもしれません。日帰り手術が行えますので、年齢のせいと諦めるのではなく、一度ご相談にいらしてください。

Access