求人情報ON
ふみもとクリニック

ふみもとクリニック

文元 建宇院長

183499

ホームドクターとして、多くの患者の力になりたい

―患者自身の自覚が不可欠だということでしょうか?

僕らはリスクを下げる治療をさせてもらってるんです。このままだとこのくらいの確率で悪くなりますよ。だからそのリスクを下げましょうとやってるわけです。確率の問題だから、僕らの注意を守らなくったって、全員がひどくなるわけではないんですよ。実際にタバコも吸ってお酒も飲んでるけど85歳でピンピンしてる方もいらっしゃいますよね。でも、その陰にはやはりたくさんの苦しんでる方がいらっしゃるんです。僕らは神様じゃないから病気を0にするわけじゃなく、その確率を下げることしかできない。ですから、そういう意味では敷居高く考えないで、気軽に来ていただいてそのリスクについての説明を聞いて、考えてもらえたらいいかなと思いますね。

―先生が診察の際に気心がけていることはなんですか?

怒らないこと、怖い先生にならないことですね。怒っても解決しないと考えているので。例えば「タバコを吸っちゃダメだよ」と禁煙を勧めた患者さんがタバコを吸っちゃった、「甘いものを控えてね」とお話ししてもたくさん食べちゃったという場合、多分一番後悔してるのは患者さん本人なんですよね。そこに僕が追い打ちをかけても仕方がないので、デメリット、メリットの話をもう一回する方がいいんじゃないかと思っていますね。「なんでそんなことしたんですか!」と怒っても、患者さん本人だって本当はわかっているんですよ。そこに追い討ちをかけても病院に来たくなくなるだけじゃないかなと思うので。

―最後にメッセージをお願いします。

今、ちまたに医療情報って溢れていますよね。中には信憑性のあまりない情報もあります。ですから、その情報だけを鵜呑みにせずに、医師の話も聞いてもらえたらいいかなと思っています。内臓脂肪とかコレステロールなどよく聞くけど、それが何なのかよくわからなかったりしますよね。そして、わからないまま右往左往している。それをみていて、現場の医師とマスコミやインターネットの情報の差を埋めていきたいなといつも思っています。僕は地域の方の力になりたいと思ってこのクリニックを作りました。病院や循環器というと怖いイメージもあると思いますが、そんなことは気にせずに来てくれたらうれしいですね。いつでもお待ちしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細