求人情報ON
ふみもとクリニック

ふみもとクリニック

文元 建宇院長

183499

本当に「怖いこと」にならないように病院へ来てほしい

―循環器科というと、ちょっと身構えてしまう科の一つだと思うのですが……。

「心臓の病気だ!」となってしまえば怖い病気のこともありますけれど、実はそうじゃない場合も多いんですよ。テレビや雑誌では、「症状が悪化して手術しました」とか、「生死の境をさまよって生還しました」などの話が多いので怖いイメージがあるんだと思いますが、そこに至るまでには長い長い積み重ねがあって、命に関わるようになるまでには段階があったはずなんです。その途中の段階に何らかの形で医師が介入して、きちんとした話をさせてもらって、いろいろ気をつけてもらえてればあんなことにならなかったかもしれないのになって、僕はよく思います。病院なので怖いのはわかりますけど、本当に怖いことにならないように病院へ行こう、と思ってほしいですね。

―心臓疾患の自覚症状というと、どんなことが考えられますか?

こういう症状があると心臓疾患ですよというのは、皆さんが一般的に抱いているイメージそのものです。胸が「うっ」と苦しくなると心臓病とか。でもそれ以外でも見つかることもあって、長引く風邪が心臓疾患の前触れということもありますし、運動すると息切れするというのが心臓疾患からくることもあります。わりと多種多様なのです。「逆にこれは?」と思うとストレスが原因ということも大いにあります。だから、これはおかしいぞと思ったらまずは来ていただいて、僕ら医師に診察させていただきたいなと思いますね。「どこの科にかかればいいのかわからない」そんな時も、まずは専門の病院に行くための入り口として当院を受診してもらえたらいいと思います。

―病院を怖いところだと思い込まないのも大切だということですね。

病気の治療はもちろんですけども、生活習慣病に関しては薬を飲みたくないという方もたくさんいらっしゃると思うんです。中には「薬を一生飲み続けるくらいなら病院なんか行くもんか! 薬だって飲むもんか!」と思っていらっしゃる方も。その場合、無理やり薬を飲ませるようなことはほぼなく、生活習慣の改善指導をさせてもらい、「もう一回検査しようか?」ということも多いんですよ。嫌なのに薬だけ飲んでもらってもあまり意味がないんですよね。大切なのは自分の状態について患者さん本人に正確に理解してもらうことじゃないかなと思いますね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細