シンポ歯科クリニック浦和

シンポ歯科クリニック浦和

新保敬子院長

頼れるドクター

歯科メンテナンスの重要性
気軽に通える予防歯科

シンポ歯科クリニック浦和

自由診療

Main

最近よく耳にするようになった予防歯科という言葉。ただ毎日どれほど意識して実践しているかというと、自信のない人も多いだろう。除菌・予防をコンセプトとしている「シンポ歯科クリニック浦和」では、独自のメンテナンスシステムをつくっている。「正しい歯磨き習慣をつけることや、歯と食事の関係などの知識を得ることはとても大切です。1人1人にじっくり時間をとってお話しするので、小さなお子さんでも理解してもらっています」と優しい笑顔で新保敬子院長は話す。同クリニックならではのメンテナンスシステムが、実際にどんな流れで行われるのか話を聞いた。(取材日2018年3月12日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

メンテナンスはなぜ重要なのでしょう。

ご自身の歯を長く良好な状態で維持するために、歯科クリニックでのメンテナンスはとても重要です。毎日歯を磨いていてもきちんと磨けていない場合も多いですから、定期的なメンテナンスで歯の状態をチェックすることが必要です。もしも虫歯になっていたら、早期に発見して早期に治療できますから、治療そのものも軽くて済みます。歯科クリニックといいますと、虫歯になってから受診する場所と捉えている人が多いでしょう。ですが、いざ虫歯や歯周病になってから治療を受けるより、健康維持のために歯科クリニックに通っていただいた方が心身のストレスも少ないですし、経済的な面での負担も少なくなります。

こちらのクリニックのメンテナンスの特徴はどんなことですか?

メンテナンスは継続的に通うことが大切ですが、経済面を懸念して通院を躊躇してしまう方もいらっしゃるでしょう。そこで当院では患者さんが通いやすいよう、月額制でのメニューを設定しました。基本のCプランは、いつでも検診、クリーニング、ホワイトニングを受けていただけます。この基本プランに防菌用マウスウォッシュ、歯ブラシといった口腔ケアグッズを加えたものがBプラン。さらにレントゲン検査や唾液検査、マウスピースの作製など詳細な検査・処置を行うAプランと、3つのプランを用意しています。現在、ほとんどの方がAプランを選択して、毎月通っていただいています。

このメンテナンスは小さい子どもでも受けられますか?

前歯が生えてきた乳幼児の頃から受けられます。適切な歯磨きの方法を教えていますので、小さい頃から適切な歯磨き習慣を身につけることができます。特に、永久歯に生え変わる混合歯列の時期は、歯列の乱れが起きやすいので、定期的に管理していくことが重要だと思います。当院では、歯にいい食材、悪い食材、おやつの食べ方など食育についても力を入れています。小さい頃から歯の健康と食習慣について正しい知識を持っていただきたいですね。もちろん大人の方やご高齢の方も定期的なメンテナンスによってより長く歯を良好な状態を保っていただきたいと願っています。

検診・治療START!ステップで紹介します

問診、検査、唾液検査で口腔内を把握

最初に歯科医師による問診、口腔内のチェック、および唾液検査を行い、患者の口腔環境を把握する。唾液の中和力を調べる検査や唾液内の細菌総数を調べるRDテストなど、口腔内の状況に応じてさまざまな唾液検査を行い、虫歯リスクをチェックする。口腔内の検査によって歯周病の疑いや大きなトラブルなどがある場合はエックス線検査を行うこともある。

染め出しによるプラークチェックと歯磨き指導

歯垢染色剤によって、歯に残ったプラークをチェックする。プラークの残っている所が赤く染まるので、患者自身も鏡で見ながら、どこに磨き残しがあるか確認できる。磨き残しの場所は、歯ブラシをどのように持ってどんな動きをすれば磨けるか、歯科衛生士が丁寧に指導。結果は毎回、TBI(Tooth Brushing Instruction=歯磨き指導)チェックシートへ記入し、各自のメンテナンス手帳に貼り付けてくれる。

クリーニング&ホワイトニング

フッ素入り歯磨き粉を使用して、丁寧に歯をクリーニングする。歯の着色汚れなどがある場合はホワイトニングも行う。その後、フッ素入り洗口剤で30秒口の中をゆすいで、口腔内をきれいにする。場合によっては、フッ素塗布も行い、虫歯抑制効果を高めることもある。また、歯ぎしりが強い場合などは、各自の歯型に即したマウスピースを製作して、歯を保護する処置も行っている。

食育指導や保健指導もじっくり

その日のメンテナンスの結果を説明するとともに、食習慣や生活習慣などについてわかりやすく説明する。子どもには虫歯になりやすいおやつ、なりにくいおやつなど、子どもの生活に密着したテーマで、理解しやすいよう工夫。大人の場合は、歯周病と全身疾患との関係など、口腔環境と健康について解説している。メンテナンスの時間は30分しっかりとり、一人ひとりの患者に丁寧に対応していく。

ケアグッズを持ち帰り、自宅でセルフケア

歯ブラシ、洗口液、歯磨き粉のケアグッズとメンテナンス手帳を家に持ち帰り、自宅でセルフケアを行う。当初は、歯茎が腫れて出血していた子どももセルフケアとメンテナンスチェックを続けることで、歯茎が改善し、出血が治まった例もあるという。小さい子どもでもわかりやすく説明すれば、よく理解でき、真面目にセルフケアを続けるという。また、子どもがきちんと続けるためには親の意識と協力も重要だと新保院長は指摘する。

料金の目安

【月額制】Aプラン(5000円):検診・クリーニング・ホワイトニング・口腔ケアグッズ・レントゲン検査・唾液検査・マウスピース作製、Bプラン(4000円):検診・クリーニング・ホワイトニング・口腔ケアグッズ、Cプラン(3000円):検診・クリーニング・ホワイトニング

ドクターからのメッセージ

新保 敬子院長

皆さんの歯の健康を維持したい、大切な歯を一生涯守りたい、そんな強い思いから当クリニックでは歯科メンテナンスを行っています。一人でも多くの方が通いやすいように、3つの月額制オーラルケアプランを用意しています。お口の環境は一人ひとり異なりますから、それぞれの方に最適なオーラルケアを提案し、ゴールに向かって一緒に頑張っていきたいと思います。適切な歯磨きの指導をするとともに、歯と健康に関する情報提供や食生活、生活習慣のアドバイスなども行っていますので、お気軽に相談しに来てください。フッ素を塗ることにより、歯を強くすることができ、虫歯予防になります。定期的な来院とフッ素の力で歯を健康にしていきましょう。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細