和田デンタルクリニック 

和田デンタルクリニック 

和田 晃院長

頼れるドクター

182398

綱島駅から徒歩30秒、2016年12月にオープンしたばかりの新しいビルの2階に、今年2月に開業した「和田デンタルクリニック」。ビルのエレベーターを2階で降りると、クリニックの待合・受付フロアに直結している。広々とした待合・受付は、美容サロンのようにおしゃれで、ナチュラルな木目とガラスがセンス良く融合した受付カウンターや、クリーム系色のクロスやカーペット、照明も温かみのある暖色で、緑も効果的に配置されている。和田晃院長は歯根の治療やインプラントなど今まで積んだ高度な技術を患者に還元したい、広めたいという思いで開業した。歯に関するさまざまな患者の悩みに対応し、根拠のある診断と治療を心がけ、1人1人に最適な治療法を患者と決めていくということを大切にしている。
(取材日2017年3月1日)

歯根の治療で抜歯の可能性を減らす

―なぜこの場所に開院されたのですか?

私自身が横浜市の出身、ということがまずあります。昭和大学の歯学部卒業だったこともあり、東横線沿線になじみがありました。最初に就職したのが横浜インプラントセンターで、そこは、日本を代表するインプラントのスペシャリストのもとで、インプラント治療だけではなく、口の中全体の悪いところを治してそれを維持できるような治療、そんな包括的な歯科診療を学び、行っていました。その後、東京の分院長を任され、インプラントや歯の根の治療をメインに高度な治療を患者さんに提供してきました。この技術を今度は地元で少しでも多くの方々に提供することができればと思い、また、この綱島が東京、横浜などからもアクセスが良く、よりたくさんの方々に技術を提供できるのではないかと思い、開業することにしました。

―そちらではどのようなことを学ばれていたのですか。

インプラントセンターでは、海外や国内から数多くの著名なドクターを呼び、先進的な医療を学ぶ機会が多くありました。日本であまり普及していなかった、マイクロエンド(顕微鏡を用いた根の治療)という治療もその一つで、今まで治らないと思われていた病気が治っていくことにとても感動しました。そんな頃、1年に8人までしか受講できないペンシルベニア大学などで行う根管治療の医師を育成するプログラムがあり、さまざまな技術と科学的な根拠や知識を学びました。診断の大切さとその診断を下すためのエビデンス(根拠)の大切さを実感しました。治療の方法は決して一つではなく、治療する医師やその専門性によって診断が違う場合もあります。そのため、インプラントにしなければならないと言われた患者さんでも根の治療を行うことで抜歯せずに自分の歯をもう一度使うことができることがあるということをたくさんの患者さんを通して経験してきました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細