全国のドクター8,462人の想いを取材
クリニック・病院 161,436件の情報を掲載(2019年10月17日現在)

さくら本町歯科

梶田 伸 院長

181219

信頼は「良い治療」をしてはじめて生まれるもの

―歯科医師としてのやりがいや楽しさはどのような部分で感じますか。

やはりそれは、患者さんの痛みを改善できたときですね。いくらよく話を聞いたり、治療内容について丁寧に説明をしたとしても、それだけでは患者さんと我々との人間関係は成り立ちません。大切なのは患者さんの痛みや悩みを治療によって軽減、あるいは解決できたときに、より深い信頼関係が構築されていくのではと個人的には思っています。だからこそ、日々訪れる患者さんに対して、一つ一つの治療を丁寧に行い、それを地道に積み重ねていくこと。派手なことではありませんが、治療によって良い結果を実感してもらえるようにしています。その結果として、患者さんが再来医院した時に、「先生、痛くなくなったよ」と笑顔で話してくれることが何よりもうれしいです。

―医院のホームページがありませんが、情報発信についてのお考えを教えてください。

開院してもうすぐ1年半ですが、当院にはホームページがありません。決して情報発信の方法としてのホームページを否定している訳ではありませんが、しっかりと自分の考えを伝えたいので、内容を考えたり、自分の考えを文章化するなどの時間が必要です。現状はそれらに時間を割くよりも、日々来院される患者さんの診療や診療準備にしっかりと対応することを優先したいと思っています。

―スタッフさんとのコミュニケーションで大切にしていることはありますか?

非常勤で通ってくれている先生もいますし、歯科衛生士も在籍していますので、それぞれの患者さんの情報共有をして、適切な処置、あるいはアドバイスができるようにしています。その上で患者さんの希望をしっかりと聞き、できるだけその人の意向に沿った治療を提供できるようにしています。これからも皆で切磋琢磨しながら日々の診療にあたりたいと思います。

―読者へのメッセージをお願いします。

自分の歯でしっかりと噛めて、おいしい食事が取れるという環境は、当たり前のようですが、加齢とともにそれが簡単ではないことがわかってきます。だから、ご自身のお口について、何か気になるところがあれば、できるだけ早く見せていただきたいと思います。気になるところが少しでもあるのであれば、早めの対応をすることで、口腔機能を維持していきやすくなると思います。また、早期発見・早期治療ができれば、それだけ治療期間も、費用も軽減されることが期待されるため、気づいたらすぐに診てもらうことをお勧めします。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細