インターパークビレッジ眼科(併設:インターパークビレッジ内科・外科)

インターパークビレッジ眼科(併設:インターパークビレッジ内科・外科)

長谷川 憲司理事長、藍原 有弘院長

180382

眼科と内科外科の連携で、効率的な診療が可能

―趣味や健康法がありましたら教えてください。

【長谷川理事長】実はトライアスロンに挑戦中で、定期的にジム通いしています。藍原院長にCTをとっていただいたところ内臓脂肪が多くてダイエットの指示が出ていることもあり、定期的な運動の大切さを痛感しているところです。そういう方面でも患者さんのお気持ちに共感できます(笑)。
【藍原院長】子どもがアイスホッケーをやっているので、練習や試合を見に行くのが趣味のようなものです。今は一時的に単身赴任ですが、きちんと自炊しています。こちらは野菜が本当においしいですね。

―今後の展望についてお聞かせください。

【長谷川理事長】立地が良いので気軽に来てほしいですね。診察に行くぞ、ではなく、ちょっと買い物のついでに寄るという感じで。そういった敷居の低さが治療の継続につながると思います。症状によっては専門性の高い治療のための施設をご紹介しますが、まずは身近な医療の入口としてなんでも相談していただける存在になりたいですね。
【藍原院長】開業して土日の小児科診療のニーズも高いことがわかり、長谷川理事長の奥さまが小児科の医師なのでお願いして土日の小児科診療を始める予定です。他にも皮膚科などご要望が耳に入ってきています。東京医科歯科大学出身の友人医師に声をかけてみると快く引き受けてくれそうですので、様子を見ながら診療科の増設も考えています。また、手術室のスペースを確保しているので、患者さんから要望がある下肢静脈瘤やヘルニアなど日帰り手術も始めたいと思っています。

―最後に読者へのメッセージをお願いできますか?

【長谷川理事長】まずは40歳を超えたらぜひ緑内障の検査をしてください。緑内障は視野の狭まりを自覚したときにはすでに末期症状であることが多いのです。医師の複数体制が取れるようになれば、患者さんの要望が多い在宅診療にも取り組めればと思っています。また眼科と内科外科の連携が必要とされる疾患は案外多いので、両院で効果的な治療を提供できます。これからも地域のかかりつけ医として進化していきたいと思っていますので何でもご相談ください。
【藍原院長】大きな病院と違い、CT、各種内視鏡の検査、血液検査で胃がんリスクを調べる検査などを気軽に受けていただけます。セカンドオピニオンや健康診断の結果の説明なども大歓迎。血液検査も当院で一般的なものはできますので結果を早くお伝えできるのも利点です。ぜひ健康寿命を延ばすお手伝いをさせてください。

記事更新日:2017/02/10

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細