ホリスティッククリニック横浜

井上 宏一院長

179500

健康になったら、どんどんクリニックを卒業してほしい

―医師をめざしたきっかけは何ですか?

祖父が医師をしていて、専門は神経内科的なことをやっていたんですが、町医者なのでお年寄りから子どもまで幅広くどんな病気も診ていたんですね。小さい頃は祖父のような医者になろうと思っていたんですが、子どものころはあまり血を見るのが得意じゃなかったのです。なので自分が医者になれるとも思っていませんでした。高校時代に自分の世界に入り込んでしまって勉強に対する意欲がなくなり、大学は一旦、工学部に進学しました。しかし思い直して祖父のような医師になろうと医学部を再受験したというのが医者になった経緯です。実は我が家は江戸時代から有馬藩の御殿医を務めた医師家系で、祖父で12代目らしいのですが、私が医学部を再受験するというときに祖父は「いいよ、そんな無理をしなくても」と言っていましたね。あまり医療のことを話さない祖父でしたが、尊敬できる先輩医師です。

―今後の展望を聞かせてください。

ここに来たら健康になれるんだと思ってもらえるクリニックをめざしたいですね。健康になって、どんどんクリニックを卒業していただきたい。生活習慣病では難しいけれど、一旦良くなったら毎月来なくていいから、ちょっと自分でやってみて、健康診断の結果がでたらまた相談に来てね、というスタンスです。当院では「今のつらい症状が改善されたら何がしたいですか?」という設問を設けて、そのゴールのために頑張ろうと意識づけしています。ただ病気を克服するのがゴールではありません。むしろその先の「幸せを感じられる状態」に到達できることが本当のゴールではないでしょうか。それは「健康を感じられる状態」と同じではないでしょうか。だから、クリニックの理念にも、「健康イコール幸せの実現をサポートします」と謳っています。私たちのクリニックを、その実現の場にしていきたいと考えています。

―ドクターズ・ファイル読者にメッセージをお願いします。

クライアントさんが居心地よく過ごしていただけるように、院内は温かみのある色で統一してあります。基本は保険診療なので、風邪やアレルギー症状、生活習慣病の治療など気になることがあれば気軽に受診してください。病名はないけれど不調が続いている方、薬や治療法の相談、今よりもっと健康になりたいと考えている方には自由診療での受診をお勧めします。皆さんのストレスを軽減し、たとえ薬は飲んでいても笑顔で幸せを感じられる生活が送れるよう、クライアントさんに寄り添いサポートしていきたいと考えています。来院された方が少しでも気分が良くなり、時間的にも体調的にも余裕があれば、帰りにはぜひ海のほうまで散歩に足を延ばしてください。

記事更新日:2017/01/06


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細