辰巳デンタルクリニック

辰巳デンタルクリニック

阿部 菜穂院長

新規開院

頼れるドクター

179287

東京メトロ・都営大江戸線門前仲町駅から徒歩1分の所に2017年2月に開院した「辰巳デンタルクリニック」。院長を務める阿部菜穂先生は大学病院で補綴(ほてつ)を専門に学んだ後、補綴科で歯科医療と学生への教育も行ってきた。その後、30年以上のキャリアがある歯科医院に勤務しながら一般歯科治療を学び、実家に近いこの場所に開業。その明るい笑顔と語り口で訪れる人を元気にしてくれる阿部院長。開業にあたって同級生や先輩医師をはじめ、多くの人がサポートやアドバイスを惜しまなかったというのも、明るい人柄ゆえだろう。3人の子どもの母親でもあり、休日には子どもたちを連れてスキーに行くなどアクティブな一面も。「開院したばかりでやりたいことがいっぱい」という阿部院長に、今後の展望を聞いた。
(取材日2017年2月17日)

チーム医療で患者の悩みに応えていきたい

―開業おめでとうございます。外観もインテリアもおしゃれですがこだわった点は?

ありがとうございます。外から見ると「歯医者さんに見えないですね」とよく言われます。この建物自体がデザイナーズビルで、その1階と2階がクリニックになっています。1階がカウンセリングルームで2階が診察室という少し変わったスタイルなのですが、患者さんのお話をゆっくり聞くことができるスぺースと治療やケアを行うスペースを分けることで、リラックスしていただけるといいなと思っています。診察室も半個室にして、ゆったりとした気持ちでケアを受けていただける環境にしました。内装のデザインは結構こだわって、専門のデザイナーと相談してクリニックのロゴを考えたり、ブラインドを木目調にしたり、診察室のシートやユニットの色なども打ち合わせして決めたりしましたね。患者さんが落ち着ける雰囲気作りを第一に考えてデザインしてもらいました。

―こちらには矯正や口腔外科の歯科医師もいらっしゃるそうですね。

はい。私は大学卒業後、クラウンブリッジ補綴学講座に入局して補綴を専門に学んでいたのですが、大学病院に15年ほど勤めて治療も行っていたので、一般歯科はトータルで診ることができます。さまざまな症状や希望のある患者さんがいらっしゃるので、矯正歯科、口腔外科を専門とする医師が3名在籍してチーム医療を行っています。また、今は生活習慣病や全身疾患を持っている方も多いので、歯科の観点からどのように治療を進めていくかチームとして取り組んでいくこともできます。当院では、歯科衛生士が1名いますが、医師のアシスタントではなく患者さんのケアを専門で行ってもらっています。クリーニングも歯科衛生士の手によって1時間きっちりと行い、治療が終わっても定期的に専門ケアを受けていただくことでお口のトラブルを防ぐことにも力を入れています。

―先生の診療方針をお聞かせください。

患者さんの希望をきちんと聞くことですね。初診の場合は問診票を書いていただいた後に2階に上がっていただいて、悪いところや気になるところを全部診てほしいのか、それとも今痛いところだけを治していきたいのかをお聞きします。虫歯で来たけれど他のところも念のため診てほしいという方には唾液検査や歯周病検査、口腔内検査などを行ってお口全体を見てから診療方針を決めますし、お掃除を希望されている方も検査をしてからどのように進めていくかを決めていきます。また、急な症状で全体の検査もできないような痛みであれば、もちろん治療を優先します。2回目に来ていただいた時に症状が落ち着いていれば検査を行って、この後の治療について患者さんにお話をします。どうやって治療やケアを進めていくかはしっかりとカウンセリングをして患者さんと一緒に方針を決めていくという姿勢を大切にしています。

記事更新日:2017/03/08


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細