いまにし歯科診療所

今西 祐介院長

179073

小田急線・経堂駅南口から徒歩3分。駅近で至便な場所に2016年7月に開院したのが「いまにし歯科診療所」。院長の今西祐介先生は現在もミュージシャンとして活躍している歯科医師。ミュージシャン時代から変わらず持ち続けているのが「世の中を変えたい」「人の命を救いたい」という熱い思い。フィリピンでの医療ボランティアをはじめ、歯科医師の立場で世の中を変えるための小さな革命を起こすべく、日々奮闘中だ。今西院長の譲れない医療理念は「歯は命の源」、そのため「歯を絶対に抜かない」ことをモットーとしている。「患者さんにとっての最後の砦になりたい」と熱く語る今西院長に、歯科医療への取り組み、患者との向き合い方について話を聞いた。
(取材日2016年8月31日)

「医療を通じて世の中を変えたい」と治療にまい進

―経堂に開院した経緯を教えてください。

これまで国内でたくさんの患者さんを診療してきたので、中には都内にとどまらず他府県から通ってくださる患者さんもいらっしゃるんです。遠方から来てくださる方のためにもできるだけ駅から近い便利な場所で開院したいと考えていたところ、現在の場所に出会いました。商店街のメインストリートから一本中に入っているため車の通りも少ないので、足の不自由な患者さんが車でいらしても、クリニックの前で乗り降りする時に便利だと思います。経堂には開院まで縁がなかったのですが、駅前もきれいですし、商店街もあって明るくて親しみやすい雰囲気がとても気に入っています。今、開院して1ヵ月ですが、早く経堂の方に「いまにし歯科診療所」の存在を知ってもらい、一人でも多くの方に来ていただきたいですね。

―院内のこだわり、お気に入りはどんなことですか?

「白」を基調にしているクリニックが多いと思うのですが、当院はできるだけ白を使わないようにしていまして、壁は明るいクリーム色を選びました。白は患者さんを精神的に追い詰める色なんですよ。当院では院長の私をはじめスタッフ全員白衣を着ないんですが、それも同じ理由です。白衣を見るだけでストレスを感じる方が多いので、当院では白衣の代わりに全員カラフルなTシャツ着用です。院内の雰囲気は、以前私が現地で研修を受けてきたデンマークの病院を参考にしています。デンマークの病院は色使いがとてもカラフルで、病院らしくなくとても通いやすい雰囲気なんです。院内の食堂に一般の人がやってくるぐらい開放的で、子どもさんも大人も皆リラックスした環境で治療を受けています。当院もそういった通いやすいクリニックをめざしています。

―異色の経歴をお持ちなんですね。

中学時代はスポーツに熱中していまして、バレーボール部で全国大会にも出場しました。高校に進学してからは「世界を変えたい」「革命を起こしたい」という思いが強くなりまして、「血を流さず革命を起こせる」ということで音楽にのめり込みました。そして歯科大学を卒業すると同時にメジャーデビューも果たし、その後20代は「世の中を変えたい」とバンド活動を続けていました。その中で「歌はたくさんの人の命を救う」ということを実感しましたね。同時に「ダイレクトに人の命を救える医療もロックじゃないか」「医療でも世の中を変えられるのでは」という思いも湧いてきたんです。それをきっかけに「歯科医師という職業を通じて世の中を変えよう」と決意し、今に至っています。

記事更新日:2016/10/26


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細