名古屋内科、内視鏡クリニック

名古屋内科、内視鏡クリニック

林 勝男理事長

178735

自身が培った専門性で、たくさんの人を助けたくて開業

―理事長が医師を志したきっかけを教えていただけますか?

小学生の頃、犬に噛まれて足を48針縫う傷を負ったんです。その時に、たまたま病院の当直医に外科医の先生がいらっしゃり、すぐに処置してくださったんです。そのことがきっかけで、医師を志すようになりました。私は名古屋市立大学医学部へ入学して途中まで外科医をめざしておりましたが、目が悪かったので、目を酷使する外科は難しかったんです。そこで、内視鏡治療のできる消化器内科を専門的に学びました。消化器内科のやりがいは、病気の早期発見・早期治療ですね。早く見つけて治療すれば治ることが多いんです。また、がんの患者さんは、オーダーメイド治療が必要で、やりがいのある分野と思います。本当にこの科を専門に選んで良かったと思います。

―そうなんですね、では開業されたきっかけは何ですか?

名古屋市立大学医学部を卒業して「名古屋市立大学病院」、「東市民病院」、「多治見市民病院」、「愛知医科大学病院」、「名古屋第二赤十字病院」と勤務し、日赤病院でずっと勤務するつもりでしたが、多忙な生活がたたり、病が体を蝕んでいたんです。やがて自身の大腸ポリープを切除する手術で大量出血で腹膜炎を併発し命を落としかけ、やむなく退職し、友人の病院へ勤務し仕事をセーブした形で医師を続けました。ですが、やっぱりそういう生活も合わせなくて、自分のように働き世代の人たちを自分の力で助けたいという思いで開業を決意しました。別な場所で開業していましたが、より多くの患者さんをしっかり診たいと思い、今年3月にこのような形で移転リニューアルさせていただきました。患者さんが困ったときにすぐに診て不安を解消してあげたいと思ったので、交通の便が良いこの地に移転することに決めました。

―移転リニューアル後、どのような患者さんが増えていますか?

そうですね、立地をメリットにし、名古屋市内をはじめ、愛知県内、岐阜県、三重県などから来られる方も多いですよ。内視鏡のお話をたくさんしましたが、風邪や生活習慣病などの一般内科も診たいと思っているので、ぜひ気軽に来ていただきたいですね。あとは医療モール内にあるので、なかなかご年配の方が足を運びにくいのが気がかりです。もっと知名度を上げて、ご年配の患者さんにもぜひ来ていただきたいです。

記事更新日:2016/09/16


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細