求人情報ON
さとう内科医院

さとう内科医院

佐藤 元院長

178648

どんな相談にも応じる気さくなクリニックをめざす

―患者さんとの印象的なエピソードがあれば教えてください。

大阪で勤務していた頃のことです。当時、20代の患者さまの担当をしていたのですが、その方は生まれつき心臓が悪く、残された道は心臓移植のみという深刻な状況でした。その手術が決まる前に僕は大阪を離れることになり、ある日病室に挨拶しに行ったんです。しばらく話をして別れようとしたところで彼から「先生、メールアドレスを教えて」と言われました。僕自身はこれまで患者さんとの個人的なやりとりは踏みとどまってきたので正直迷いましたが、それで彼が元気になるならと思って教えたんです。それから1年程経ったある日、ご家族からその方の手術が決まったと連絡をいただいたんです。どうしても僕に知らせてほしいと頼まれてメールしたとのことでした。うれしかったですね。この時のことは今でも忘れられません。手術は成功したようなので、今も彼が元気に暮らしていることを願っています。

―多忙な日々の中、お休みの日はどのように過ごされているのでしょうか。

前の職場の仲間とフットサルや草野球をすることもあります。開業してから診療が忙しく、運動の頻度は格段に減りましたが、継続して体は動かしていきたいと思っています。あと、こういう仕事をしていると自分の健康管理が疎かになりがちなので、今はやりのオメガ3系脂肪酸はなるべく取るように心がけています(笑)。事実、えごま油やアマニ油、イワシなどの青魚に含まれるオメガ3系の脂肪酸は、中性脂肪、コレステロール値を低下させ、かつ善玉コレステロールの機能を高める作用があるといわれています。その結果、心筋梗塞、脳卒中などの血管イベントを抑制することにつながるんです。少し話がそれましたが、こういったお話も患者さまそれぞれにあわせてしていきたいですね。

―今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

病院に行きたくてもどこに行ったらいいかわからない人の相談にのれる、アットホームなクリニックをめざしています。診療全体としては内科全般をしっかりと診察しながら、専門の循環器の質を上げていきたいですね。最近は漢方薬の処方に関するご相談も承っています。先輩医師のお話を聞いて勉強するようになったのですが、こちらも機会があったらご相談いただきたいと思います。ご本人のみならずご家族のことでもかまいません。気楽な気持ちでいらしてください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細