高田馬場歯科

高田馬場歯科

嶋崎 直人理事長、林 太一院長

178518 df 1 main 1453193057

何か不調や疑問を感じたら、誰もがまず通えるクリニックを追求していく

―林院長のこれまでの経歴をお聞かせください。

【林院長】奥羽大学に学び、クラウン・ブリッジ補綴に関する研究と臨床をしていました。その後は、大学時代に休日アルバイトをしていた、栃木県宇都宮市にあるクリニックに勤務。口腔外科を中心に研鑽を積みました。その後、関東へ移り、神奈川県平塚市にあるクリニック、本院のみよし通り歯科を経て当クリニックとなります。宇都宮では審美歯科、平塚ではインプラント治療、本院では総合的な治療と、さまざまなご縁から歯科医師として多くの経験を積むことができ、ありがたく感じています。院長としては日が浅いかもしれませんが、これからも日々の研鑽を課題として、さらに技術を磨いていきたいです。

―休日はどのようなリフレッシュをしていますか。

【林院長】リフレッシュというのではないのかもしれませんが、読書や文章を書くのが好きなんです。実は、学生時代は、歴史や日本経済に興味を抱き、そちらの道に進みたいと考えていた時期もありました。このこともあって、以前から時間が空いたときは散文を書いています。テーマは、日本の医療福祉・介護について。超高齢化が進むこれからの日本を見据えても重要なことですし、医療従事者としても考えておくべきことだと思いテーマにしました。今でも、そういった関連の本を見つけると購入し刺激を得ているのですが、いつか自分ならではの考えをまとめた小説を執筆できたらと考えています。

―最後に、『ドクターズ・ファイル』の読者にメッセージをお願いします。

【嶋崎理事長】病気は、ならないうちに防いだほうがいい。それは歯科に限らずですが、例えば虫歯や歯周病をはじめ、とりわけ歯科疾患のリスクは自分では判定し難い。そのリスクを詳細に調べられるのもクリニックですが、しかし、クリニックに苦手感を持つ方も少なくない。この課題は治療以前のことかもしれませんが、ここを解決できれば、治療以上に皆さまを健康にできると考え、当クリニックを開院しました。林院長のお話にあったように、誰に対しても「バリアフリー」であり、相談・治療を問わない「デンタルケア・ステーション」。双方を備えたクリニックを追求していきますので、何かお困りの方がいらっしゃれば、ぜひお気軽にご相談ください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細