茅ヶ崎耳鼻咽喉科クリニック

山本英永 院長

177594 df 1 main 1447224668

全国各地を飛びまわったキャリアを経て、大好きな「海の街」茅ヶ崎での開業へ

―診療にあたって心がけていらっしゃることは何ですか?

診療はいわゆるガイドライン通りには進まないものであることを理解し、フレキシブルな対応をするように心がけています。教科書通りの対応をしていても、患者さまのご満足には至りません。時には固いことは抜きにして、それぞれのニーズにあった処置であるかということを大切に考えることも必要だと思うのです。当院では患者さまのことを一番に考えた治療をご提案しておりますので、ご要望があればためらうことなくお伝えいただければと思います。

―開業に至った経緯を教えてください。

福岡の産業医科大学で医学を学んだ後、医局の人事で北九州から長崎、新潟、浜松と全国各地の労災病院に勤務してきました。勤務医を続けるうちに何かサブスペシャリティを身に付けたいと、鼓室形成術など耳の手術を多数手がけて、テレビや雑誌で紹介されることも多かった「新川クリニック」を見学し、その設備やスキルに胸を打たれて修行させてもらうことになったのです。5年ほどの勤務で数百例の手術を経験し、今回の開業に至りました。

―全国各地を飛び廻られる勤務医時代だったのですね?

医局の性質として全国に派遣されることは避けられないことなのですが、どこにでも順応できる性格が幸いして、とても楽しく勤務させてもらいました。同期の友人には北海道に勤務するうちにその場所が気に入って、そちらで定住した人もいます。全国に友人の医師がおり、交流が持てるのは楽しみでもあり、また頼もしくもありますね。

―茅ヶ崎での開業を決められたきっかけは?

私は長野県松本市生まれで、いわゆる「海なし県」出身なのですが、大学時代に福岡でサーフィンと出会い、以来ずっと続けています。秦野の「新川クリニック」に勤務していた頃から湘南に住んでいるのですが、とにかくこの街が好きで、自然な流れでここでの開業となりました。朝から海岸沿いを走ったり、サーフィンをしたりと自然を親しめる暮らしができるのがいいですね。全国各地での暮らしを体験してきましたが、茅ヶ崎の人は心が健康な方が多いという印象です。みなさんリラックスして、思い思いに人生を楽しんでいますよね。当院にいらっしゃる患者さまも、みなさまとてもよい雰囲気の方が多く、楽しく診療させていただいています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access