茅ヶ崎耳鼻咽喉科クリニック

山本英永 院長

177594 df 1 main 1447224668

日焼けした精悍な顔つきに引き締まった体躯、一見して頼もしさを感じる山本英永院長が2015年10月に開院したのが「茅ヶ崎耳鼻咽喉科クリニック」。サーファーであり、また子どもを持つ父親の顔も持つ山本院長は、「保育園帰りのお子さまの診療から、サーファーズイヤーの手術まで、便利に使ってもらえるクリニックでありたい」と抱負を語る。実際、開院からわずか3週間に満たない間にも、多くの子どもたちが訪れ、その温かい対応にすでにたくさんのファンが生まれているという。日帰り手術専門施設での勤務も経験し、数多くの手術も経験してきた山本院長に、開院したばかりのクリニックの成り立ちや、今後の展望などをお話しいただいた。
(取材日2015年10月20日)

子どもの鼻づまりから日帰り手術まで、幅広い耳鼻科領域に対応可能

―広々として素敵なクリニックですが、開院にあたりコンセプトはありましたか?

ありがとうございます。私のサブスペシャリティである中耳や副鼻腔の日帰り手術にも対応しながら、小さなお子さまからご高齢の方まで幅広く通っていただけるクリニックがコンセプトです。特に、共働きのご両親にも便利に通っていただけるよう、19時までの診療を行っています。「耳鼻科は混んでいて受診が大変」という声にお応えして、当日から2ヶ月後までの予約が取れるシステムも導入しました。

―夜でも受診できるのはありがたいですね。

はい。保育園帰りにお子さんを連れていらっしゃる方がとても多いですね。妻も働いているので、私自身が共働き。子どもが小さかった頃は、子どもの体調急変を伝える保育園からの電話にギョッとさせられることも多くありました。子どもの体調は短時間で急変しますし、気を抜けないもの。お勤め帰りに、園へのお迎え帰りにちょっと受診できれば、大きな安心につながります。ぜひお連れいただきたいと思います。

―一般診療と並行して日帰りとはいえ手術を行うのは大変ではありませんか?

開院したてで現状はまだ行っていませんが、今後は休診日である水曜日を手術日にあてていきたいと考えています。従来であれば入院が必要となる手術も、日帰りでの対応が可能となってきています。入院を必要としない日帰り手術は、時間的にも経済的にも負担を抑えることができるお勧めの選択肢です。お勤めの方などの「入院は難しいけれど日帰りなら」といったニーズにもお応えしたいと考え、クリニックのスペースにも余裕を持たせて手術に対応できるようにしました。現時点ではまだレントゲンしかありませんが、今後CTも導入して、本格的にサージクリニックとして取り組んでいきたいと考えています。

―そのほかに特色のある治療はありますか?

この地域独特の疾患への対応として、サーファーズイヤーの治療や花粉症対策などにも力を入れています。サーファーズイヤーは冷たい水の刺激を長期にわたって受けることで、外耳道に骨腫が形成される病気です。冬でも海に入ることが多いサーファーに多く見られることから「サーファーズイヤー」と呼ばれており、日帰り手術での対応が可能です。また、神奈川県は全国でも花粉症の症状に悩む人が多い地域。花粉症に対しては副作用を抑えた新薬も次々開発されていて、お試しいただく価値のあるものだと思います。さらに、当院ではレーザーによって鼻の粘膜を焼き切る花粉症対策も導入しています。花粉飛散が始まる12月くらいまでに施術を受けていただくと、数ヶ月効果が持続し、快適な春をお過ごしいただけるのです。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細