日本橋はやし矯正歯科

日本橋はやし矯正歯科

林一夫院長

新規開院

頼れるドクター

医療トピックス

矯正による失敗や後戻りなどの
不安を解消!デジタル矯正システムとは

日本橋はやし矯正歯科

176030 mt 1 title 1448940146

少しずつ歯を動かして乱れた歯並びや噛み合わせを整える、矯正治療。1〜3年という長い治療期間がネックとなり、治療に踏み切れない人も多いのではないだろうか。しかし「日本橋はやし矯正歯科」が導入する「デジタル矯正システム」では、最短6ヵ月で矯正装置を外すことも可能だという。スピーディーな矯正治療を実現した同システムについて、日本で先駆けて導入した林一夫院長に話を伺った。(取材日2015年11月11日)

患者の口腔内を3D画像で再現、事前のシミュレーションで高精度な治療を実現

デジタル矯正システムについて教えてください。

176030 mt 1 q1 1448940146 ▲「より多くの方に良質な矯正治療をご提供したい」と語る林院長 「デジタル矯正システム」とは、歯科用CTや口腔内スキャンで撮影したデータをもとに患者さまのお口の中を3D 画像化し、治療のシミュレーションや矯正装置の設計を行う歯科矯正技術です。従来の矯正治療では骨の内部を診ることはできず、歯科医師の経験と勘に頼っていた部分も少なからずありました。しかし、このシステムでは骨内部の可視化を実現、歯根との関係を正確に把握できるようになったのです。当院では患者さまにより高精度で安全な矯正治療をご提供したいとの思いから、日本で先駆けて本システムを導入しました。私自身、本システムの基礎研究から実際の治療に至るまで多くの研鑽を積み、デジタル矯正システムの良さを実感しています。

デジタル矯正システムのメリットとは?

176030 mt 1 q2 1448940146 ▲初回のカウンセリングから3D画像を用いた治療説明も可能 最大のメリットは、短い治療期間で高品質かつ安全な治療を提供できることです。一般的に成人の矯正治療には1〜3年程度かかりますが、本システムでは治療期間が「最短6ヵ月」とかなり短くなりました。これは、事前に作成した口腔内の3D画像を用いてコンピューター上でシミュレーションを行い、「理想の歯並び」まで歯を効率よく動かせる治療計画をデザインすることが可能だからです。また、シミュレーションと実際の治療に誤差はほとんどありません。最終的な歯並びがイメージしやすく、安心して治療を受けていただけます。治療中もご自分の歯の様子や治療の進み具合をコンピューター上で確認できるので、患者さまのモチベーションが維持できる点もメリットですね。

どんな方にお勧めですか?

176030 mt 1 q3 1448940146 ▲診察室はすべて個室なので、リラックスして治療が受けられる お子さんからご高齢の方まで、歯並びでお悩みの方ならどなたでも大歓迎です。特にお勧めしたいのは、長期間の通院に不安をお持ちの方ですね。通常の矯正治療では月に一度のペースで通院して、装着した矯正装置を調整する必要がありますが、本システムなら2〜3ヵ月に1度の通院で済む方がほとんどです。その秘密は、事前に取得したデジタルデータをもとに、先進のロボット技術で作製される「カスタムワイヤー」にあります。患者さまお一人お一人にカスタマイズされたワイヤーなので歯の動きに合わせて微調整する手間がほとんどなく、来院回数も少なくなります。過去に矯正をした方の再矯正も可能です。もう1度同じような矯正装置を付けることに抵抗感のある方には、デジタル矯正システムを応用したマウスピース矯正をお勧めしています。

矯正治療中に注意するべきことはありますか?

176030 mt 1 q4 1448940146 ▲装置の調整料は治療費に含まれており、通院ごとの支払いは不要 食事内容には特に制限はありません。ただ、矯正装置を装着しているとどうしてもブラッシングしづらくなりますので、より丁寧な歯磨きを心がけてください。当院では、矯正治療をスタートした方全員に「歯磨きセット」をお渡して、装置がついた状態でもうまく歯を磨けるようしっかり指導しています。患者さまがきちんとセルフケアできる環境をつくるのも歯科医院の大切な役目です。歯をきれいにするための矯正治療で虫歯になってしまうようでは、治療としての質が低いと私は考えています。また、装置が外れてしまった等のトラブルが発生した場合には、早急に受診してください。

治療後のアフターフォローについて教えてください。

176030 mt 1 q5 1448940146 ▲笑顔が優しい林院長。治療に関する悩みも相談しやすい 矯正治療後は、元の歯並びに戻ろうとする「後戻り」という現象が起こります。後戻りを回避するために、矯正装置を外すと同時に保定装置を装着します。つまり「歯を動かすための治療」が終わったら、今度は「歯を動かさないための治療」がスタートするわけですね。矯正装置を外したら3週間後に来院していただき、そこで後戻りがなければ徐々に来院間隔をあけていきます。保定装置はしっかり接着されていますが、まれに外れてしまうこともあります。後戻りを防ぐためにも保定装置が外れていないかどうか、しっかりチェックしましょう。特に矯正装置を外して1〜2ヵ月の間は後戻りしやすい時期なので注意が必要です。外れた場合はなるべく早く受診してください。

ドクターからのメッセージ林 一夫院長

矯正治療はお子さんや若い世代だけのものではありません。デジタル矯正システムなら従来の方法より治療期間を大幅に短縮できるので、40代・50代から治療を始めても効果を十分実感できると思います。若い頃は仕事や家事、子育てに忙しくて治療に踏み切れなかった方にこそ、ぜひチャレンジしていただきたいですね。矯正治療は見た目を美しくするだけでなく、歯並びや噛み合わせを整えることで咀嚼力がアップし、おいしい食事を楽しむことにもつながります。生涯にわたってしっかり噛める歯を維持できるように、悪くなった部分を削る治療ではなく歯並びや噛み合わせを改善する矯正治療をご検討いただければうれしいですね。当院では無料でカウンセリングを行っておりますので、まずお話を伺いに来てくださればと思います。実際にシミュレーションを体験してみるだけでも違うと思いますよ。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Book banner s
Book banner m
Book banner ss
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細