すぎおかクリニック

すぎおかクリニック

杉岡充爾院長

生活習慣病の改善・予防のために
心臓・血管検査

すぎおかクリニック

174812 hr 1 title 1449125902

全身の血管をチェックし、生活習慣病の改善へ的確にアプローチできるのが「すぎおかクリニック」が実施する心臓・血管検査の強み。生活習慣病にかかっている方は保険適用となる。健康診断として自由診療で受けることも可能だ。循環器専門医であり、血管アンチエイジングの専門医としても知られている、院長の杉岡充爾先生に、心臓・血管検査のメリットや所要時間、費用まで話を伺ってきた。(取材日2015年11月13日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

どのような方を対象としているのでしょうか?

心臓・血管検査は、生活習慣病にかかっている方を対象とした検査ですが、健康診断としても受診可能です。自分は健康だけど親族に生活習慣病の方がいる、または最近太り気味になってきた、という方におすすめです。

どんな病気が発見できるのでしょうか?

脳卒中や心筋梗塞、狭心症、心不全など、あらゆる病の前兆をこの検査で見つけ出すことが可能です。血管の詰まりを早期発見することで、これらの病気を予防することに役立ちます。

検査内容と費用は?

頸動脈超音波検査・心臓エコー・ABI・運動負荷心電図による検査で、全身の血管の健康状態を確認します。自由診療となる検査の場合、費用はトータルでおよそ2万円になります。また、予約制になります。

検診・治療START!ステップで紹介します

頸動脈超音波検査

首の血管に対して、詰まり具合や血管の硬さをチェック。主に、脳卒中の予防に役立つ。首の血管は実際に詰まるまで自覚症状がないため、検査による早期発見で回避することが大切。心臓エコーとセットで検査する。

心臓エコー(心臓超音波検査)

心臓の動きが遅くなっていないか、血液漏れがないかなどのチェック。心臓のリアルタイムな動きをモニタで確認する。心筋梗塞、狭心症、心不全などの早期発見、予防に役立つ。

運動負荷心電図

運動をし、ある程度負荷やストレスをかけた心臓の状態をチェックする。安静な状態では見つけづらい異常を発見するのこの検査の目的だ。

動脈硬化の程度を調べるABI検査

両手両足の血圧を4箇所同時に計り、血液が流れ血管が収縮する際の波形を診る。血管が固いかやわらかいか、また血管が歳をとっていないかのチェックも行う。4箇所同時に診ることで、他箇所と比較した際の違和感に気づきやすくなるという。

問診、アドバイスをうける

検査結果をもとに、個々に合った食生活や服用する薬について、また運動の重要性などさまざまなアドバイスを先生から受ける。生活習慣習慣病にかかっている人、予防目的の人に関わらず、今後の健康についてしっかり話を聞いておきたい。

ドクターからのメッセージ

杉岡充爾院長

生活習慣の改善により、未来の病気を回避することは十分可能です。、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、それに伴い動脈硬化のリスクが増えてしまう40代以降の女性や、性別に関わらず肥満気味の方は予防のためドックとして、現在生活習慣病や糖尿病のお薬を飲んでいる方も、ぜひ当院の心臓・血管検査を受けていただきたいですね。ドック希望の方はすべての検査を1日で受けることが可能です。患者さんの健康状態改善と、未来の病を防ぐお手伝いができればうれしいですね。

読者レポーターのメッセージ

鈴木さん

会社の健康診断だけで本当に大丈夫なんだろうか? という不安が今回の流れで解消しそうです。「首や心臓といった血管年齡を若く保つことで全身の健康状態をより改善する」といった先生のアドバイスはどれも興味深いものばかりでした。この検査では被曝量がゼロという点もうれしいですね。私は生活習慣病患者ではないので、自由診療のドックとしてこの検査を受けることになるのですが、年に1度は予約したいと思える内容でした。肥満に悩む友人にも紹介したいです。

記事更新日:2016/01/24
Access