えびな脳神経外科

えびな脳神経外科

尾崎 聡院長

頼れるドクター

174119

専門性の高い診療を、地域のクリニックで提供する

―診療される上で大切にされているのはどのような点ですか。

来院されたその日のうちに、できるだけに診断をつけて、結果をお話し安心していただくこと、速やかに必要な治療につなげることを重視しています。スタッフには、何事も患者さんを第一に、患者さんが安心して診療を受けられ満足して帰られるようにしてほしいと伝えています。頭の病気やトラブルでは、患者さんやご家族はとても不安に思われていることが多いものです。ですから、忙しい時にも親切に接して、なるべく不安を取り除くように心がけたいと考えています。患者さんが多いので、スタッフも大変だと思うのですが、よく対応してくれているので助かっています。

―印象に残っている患者さんとのエピソードがあれば教えてください。

勤務医時代、手術を執刀して、その後、結果的には亡くなられた患者さんで印象深い方がいらっしゃいます。お救いできなかったことはとても残念でしたが、ご家族に「先生と出会えて、本人はうれしかったと思います」と言っていただけて、報われる思いがしました。脳神経外科分野の病気は、患者さんもご家族も大変な思いをされることが多いですから、信頼関係を育み、できるだけ安心して治療を受けていただきたいという気持ちは強いですね。治療後もリハビリテーションで通院される患者さんとは長いお付き合いになり、「こんなのができた」と手芸や写真を持ってきてくださることもあります。治療やリハビリによって元気になっていかれるのを見守るのはうれしいですね。

―脳神経外科の立場から、気になることなどがありますか。

脳ドックを受けたいという方も増えていますし、脳に対する関心は高まってきていると感じます。一方、認知症の方が増えているものの、意外ときちんと診断を受けていない患者さんが多いということも感じます。物忘れがひどくなると内科のかかりつけ医に行かれることも多いと思いますが、脳神経外科できちんと画像診断を行うと、手術で治るタイプの認知症かどうかが診断でき、適切な治療を行うことができます。とりあえず薬物治療というより、まず、脳神経外科で検査を受けていただきたいですね。また、30代40代では頭痛の患者さんが目立ちます。ストレスもあるかと思いますが、スマホを見る時に無理な姿勢をして、首のところに負担がかかかって頭痛が起こる方が多いようですので、気をつけていただきたいですね。

記事更新日:2017/08/30


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細