医療法人社団伸詠会 メディケア歯科クリニックさいたま新都心

医療法人社団伸詠会 メディケア歯科クリニックさいたま新都心

圓谷 俊博院長

174049

2014年にオープンした大型ショッピングセンターの3階に位置する「医療法人社団伸詠会 メディケア歯科クリニックさいたま新都心」。わかりやすい説明と納得のうえでの治療を方針とする同クリニックでは、初診や初めての抜歯、あるいは歯に詰め物をするという患者に対して、3D映像ツールなども用いながら患者本位の診療を行っている。3歳の子どもを持つ親でもある圓谷俊博(つぶらや・としひろ)院長は、とても丁寧で親しみやすい人柄で、子どもやママ層の患者にも支持されているようだ。取材では、クリニックの方針とその特色を中心に話を聞いた。
(取材日2016年12月8日)

メリット・デメリットをしっかりと事前に説明

―こちらのクリニックには、どのような方がいらっしゃいますか?

小さなお子さん連れのファミリー層、30~40代のママさんやサラリーマンの方が多く、男女比では2.5対7.5くらいの感じで女性の患者さんが多いですね。土日・祝日にも診療していますので、他の歯科医院が休みの日はやはり混み合います。急患以外は予約制ですが、それでもお待たせしてしまうこともあり申し訳ないなと思います。ですが当クリニックでは、患者さんお一人ずつにしっかりと時間をかけて、初診であればなおさらカウンセリングに時間をかけ、お口の中の現状を把握したうえで、その説明をする診療スタイルですから、その点はどうぞご理解いただければと思っています。

―どんな症状で来院する方が多いでしょう?

比較的に若い患者さんが多いので、小さなお子さんですと運動している時に歯が欠けた、あるいは奥歯が虫歯になって痛むなど。また成人ですと親知らずの抜歯など。また高齢者の患者さんの場合は、義歯・入れ歯よりは定期検診で通われていますね。親知らずの抜歯が必要な際には、口腔外科を専門とする歯科医師が担当する体制です。またインプラントにおいては私が担当します。他の医院でブリッジか義歯を勧められた方が、セカンドオピニオンを求める形で来院されて、その患者さんの現在から未来を含めた所見をご説明し、患者さんの意思を尊重しながら治療を進めていきます。治療自体はCT撮影を行い、3D画像を専用のコンピューターでシュミレーションしたのちに、そのコンピューターのサージカルガイドに従って安全に進めていけるものです。

―インプラントについてもう少し詳しく教えてください。

当クリニックの患者さんは、ある程度歯がそろっている中で主要な1本、2本をインプラントに、というご要望が多く、何本も入れるという方は少ないですね。これまでの最大は4本です。中高年になると複数の歯がブリッジになっている方もいらっしゃいますが、歯周病にならないための手入れ自体はインプラントの方がブリッジよりはやりやすい。インプラントはなくなってしまった歯を補うというよりも、残ってる歯を守るという大きな役割を果たします。その周囲の歯の負担を軽減し、結果的に健康年齢が延長すると考えています。ただインプラントは手入れを怠ると、歯周病などの危険も増しますので、そのあたりのメリット・デメリットはしっかりと治療前にご説明しています。またそのためにも、インプラントを選択しなければならなくなる前に、予防歯科の意識を持って、ご自分の歯の健康を維持していただければと思いますね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Book banner s
Book banner m
Book banner ss
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細