武蔵境いわもと婦人科クリニック

岩本豪紀 院長

173721 df 1 main 1427799757

不妊治療に関わったきっかけは医師自身の不妊治療経験

―どうして不妊治療に携わろうと思われたのですか?

実は、大学時代は不妊治療をやろうなんて夢にも思っていなかったんです。産婦人科の医師たるもの、毎日出産の現場に立ち会うか婦人科の治療のために手術室に籠もりっきりになるか、そのどちらかがあるべき姿、と当時は思っていたんですよ。ですから、大学に入局した当初は婦人科がんの手術を専門に取り扱う医師になろうと思っていました。ところが、僕の妻が不妊だと言うようになり、僕も何かしなければと、不妊治療専門の木場公園クリニックに勉強も兼ねてお世話になったんです。この時の経験は、現在の不妊治療でも生かされていると感じています。研修医の頃は「逃げ」だと感じていた不妊治療でしたが、実際に関わってみると陽性の妊娠反応が出たときには声をあげて喜んでしまうほど、のめり込んでしまいました。

―ウェブでは婦人科のわかりやすい解説もされていましたね。

ブログなどを使って図入りで不妊治療の啓蒙活動をしたりメールを使った相談に乗ったりしています。僕が一日に診察室で話を聞ける患者さんはせいぜい数十人ぐらいだと思うんです。しかも、この近隣にお住いの方に限られてしまう。ところが、インターネットのすごいところは、メールでの相談ならば海外にお住まいの方とも話ができてしまうこと。当院でも海外にお住いの患者さんから「一時帰国するので、その間に不妊治療でできることがないか」とメールでご相談された方がいました。インターネットを通じたこうした啓発活動を通じて、僕の文章を読んでくれた人が少しでも幸せになればいいなと思います。

―最後に、今後の展望を教えてください。

地域の皆さんの希望に添った診療を行っていく、というのが答なのでしょうね。例え自分で目標を定めたとしても、医師というのは患者さんに求められて初めて存在し得るものですから。患者さんから何も望んでもらえなかったら、何の役にも立ちません。だから今後どうしたいかは、近隣の住民の皆さんが僕に対して何を求めてくださるのか次第ですね。医者が自分で「こうしたい」と思って突き進むのは違うかな、と思うんですよ。自分の得意としていないことでも、患者さんが僕に「こうしてほしい」と望んでいらっしゃってくださったのであれば、それにお応えするのが医者の仕事だと思っています。ですから、不妊治療が得意ですが、不妊治療専門とは絶対にしないつもりです。もしも僕に相談してみたいことがあれば、何でも相談にいらっしゃってください。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細