メディケアクリニック石神井公園

メディケアクリニック石神井公園

長濱 久美院長

頼れるドクター

173574 df 1 main 1427445517

長引く咳には重病が隠れていることも。早めに受診を

―クリニックでは、どのような患者さんが多いですか?

患者層としては、30代や40代の方から80代の方まで幅広くいらっしゃいます。風邪などの普通の内科疾患のほかに、高血圧や糖尿病などが多いですね。私自身は開業前、呼吸器内科を専門に学んできましたので、現在も、喘息や咳喘息COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性咳嗽など呼吸器疾患の患者さんは多くいらっしゃいます。咳の症状は、長引く時は注意が必要です。風邪の症状が消えたのに咳だけが1~2ヵ月残っている、という場合は咳喘息の可能性が高いです。放置すると喘息になることもありますので、早めの受診をお勧めします。また、咳は肺がんなど大きな病気のサインということもあります。肺がんは症状が出る頃には進行している可能性が高いので、早期発見のためには病院に行ってほしいですし、年に1回は検診を受けるようにしてください。

―訪問診療の利用状況はいかがですか?

個人のお宅からの依頼が多いです。がんのターミナルケアなどにも積極的に対応し、今後も在宅医療の輪を少しずつ広げていけたらと思っています。地域の訪問看護ステーションやケアマネジャー、介護施設と協力し合い、きめ細かな在宅医療を行えるようこれからも努力していきたいですね。また、在宅専門クリニックと連携しているので、急な呼び出しにも24時間、365日対応可能です。当院では、外来診療と訪問診療の2チーム体制で診療を行っていますが、開業して3年目を迎え、在宅医療の必要性をさらに感じています。今後は緊急時の対応ができるような訪問診療のチームを新たにつくるつもりで、スタッフも増やしていく予定です。訪問診療のエリアもより広がりますし、効率良く訪問できるようになると思います。

―診察にあたって心がけていることはありますか?

まずは患者さんのお話をよく聞くようにしています。患者さんがリラックスして何でも言える環境づくりが大切だと思っているので、なるべく笑顔を心がけています。診療の最後に、「ほかに気になることはありませんか?」とは必ずお尋ねします。薬に関しては、ウイルス性の感染ではないか、細菌性なのかなどはきちんと考慮した上で診断・処方しています。それから、いろんな病院にかかって薬の数が多い患者さんもいらっしゃるので、薬の種類をなるべく増やさないようにしています。咳や鼻炎の症状で漢方薬を使う場合もありますが、これからセミナーなどでもっと勉強していきたいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細