大林歯科医院

大林歯科医院

大林弘治院長

医療トピックス

審美歯科治療で
口の悩みやコンプレックスを解消

大林歯科医院

自由診療

Top

歯科治療を受けて痛みや機能は良くなったものの、見た目が気になっているという人や、費用が多少かかっても構わないので、最初から見た目も考えた治療をしてほしかったのに、そのような提案がなく、なんとなくそのまま治療を受けてしまったという経験がある人も少なくないかもしれない。「治療をしたあとの見た目が気になるから治療をしてほしいと来る人は、意外と多いんです」と語るのは、大林歯科医院の大林弘治院長だ。同院には、見た目も機能もしっかりとして治療をしてくれるという評判を聞き遠方から駆けつけ、大林院長に治療を任せるという患者も少なくないそうだ。そんな大林院長に、審美歯科治療について話を聞いた。 (取材日2017年6月14日)

見た目と機能性、耐久性にも優れた歯科治療

どのような審美歯科治療を希望する人が、多いのですか?

 ▲「見た目だけでなく、機能面にも配慮した治療を」と語る大林院長 多いのは、ほかの医院で歯を治療したものの、見た目が気になるのできれいにしてほしいという希望です。医院の中には、自由診療による自費の治療についてしっかりと説明せずに、治療時間や費用を優先して保険診療をしてしまうところがあります。しかし保険診療でできることには限界がありますので、見栄えなどに満足していない人は少なくありません。具体的には、かぶせ物の色や形が気になるという方や、中にはとても人前で笑うことができないという方もいます。そういう方でも当院では、インプラントやかぶせ物、外科的治療、矯正、ホワイトニングなどを組み合わせて、見た目も機能的にも患者さんにご満足いただけるよう、治療を行っています。

治療を始めたらすぐにきれいになるものなのでしょうか。

 ▲外科処置を得意とする院長のこだわりは"長持ちする為の前処置" 治療にかかる期間は、症例によって異なります。例えば、前歯に入れた詰め物の色や形が気になるという場合は、それまで入っていたものを削ってから新しい詰め物をするだけなので、1回の治療で終了します。しかし矯正治療が入れば、それだけで1年半から2年はかかりますし、インプラントでも顎の骨を作る治療が必要になると、それだけで半年がかかります。また審美的な治療では前処置がとても重要で、より美しい見た目にするためには、歯を支えている歯槽骨の整形手術や歯肉などの移植といった外科的処置が必要になる場合があります。治療期間のことに限らず費用や何を求めているのかなど、歯科医師としっかり意思疎通をしておくことが重要です。

一人ひとりに合った歯の色や形はどのように決めるのですか?

 ▲ベストな治療を提供する為にも、技工士との密な連携は欠かせない 義歯などの補綴物を作るのは歯科技工士ですから、私は歯科技工士とのコミュニケーションを大切にしていています。実際に制作をする歯科技工士本人に当院に来てもらったり、私がラボへ行って意見交換をすることも少なくありません。特に微妙な形や色、軟組織である歯茎とのマッチングやその患者さん特有の細かい情報などは、写真やデータ、模型だけの情報では伝えきれませんし、歯科技工士からのアドバイスも取り入れることで、より完成度の高い補綴物を作ってもらうことができます。それが、見た目も機能も優れた歯科治療には不可欠だと考えています。そして治療中にもその都度、患者さんにも確認を取りながら治療を進めていくことも大切です。

見た目だけでなく機能面でのメリットはありますか?

 ▲健康面を考えるとメタルフリー治療の方がメリットが大きいという 自由診療で行える治療のメリットの一つに、保険診療では使えないレジンやセラミック、ジルコニアといった材料を使ったメタルフリーな治療ができることがあります。口の中というのは、唾液という水分があってたくさんの細菌がいて、温度の変化も多く、噛む力も加わるなど、実はとても過酷な環境なんです。その中で保険診療で使える金属は、唾液の水分でイオン化して溶け出して、金属アレルギーなどの原因になるとも言われています。一方でセラミックやジルコニアは、とても安定している材料で強度も強く、自然の歯に近い色で調節ができるので、金属アレルギーの心配もなく、機能性や耐久性、美しさも長く保つことができます。

治療後の歯を長持ちさせるために心がけることはありますか?

 ▲「治療完了後のメンテナンスが何より大切」と話す まずは、定期的なメンテナンスをしっかりと受けてもらうことです。先ほども言いましたように、口の中というのは過酷な環境ですし、患者さん本人から見えない部分も少なくありません。また歯石などは、せっかく治してきれいにした歯にダメージを与えますので、やはり第三者の手を借りてメンテナンスをすることが、きれいな歯を長く保つためには大切です。3ヵ月に1回は、医院による点検やクリーニングを受けてほしいと思います。そしてもちろんホームケアも大切で、その基本となるのは歯磨きです。口の中を悪くする大きな要因の一つは、虫歯や歯周病といった細菌による感染ですから、歯磨きをして細菌をコントロールすることが必要です。

料金の目安

セラミック・クラウン:8万円~/1歯

ドクターからのメッセージ

大林弘治院長

当院では、保険診療、自由診療に関わらず、機能も見た目も耐久性も重視した治療を行っています。そして特に自由診療による治療では、使える材料や治療法もたくさんあり、精度も高く、時間をかけた治療を行うことができます。しかし、一般の人にはわからないことも多いと思いますので、まずはいろいろな悩みを相談をしてもらえれば、それに対する提案をさせてもらって、治療方法や使う素材のメリットやデメリットも含めてしっかりと説明をして、答えも出せると思います。ほかの医院で治療を受けていたけど見た目が気になるという方でもまったく構いませんので、口の中や見た目のことで悩んでいるのであれば、気軽に相談に来てほしいと思います。

記事更新日:2017/07/14
Access