求人情報ON
湯川リウマチ内科クリニック

湯川リウマチ内科クリニック

湯川宗之助院長
頼れるドクター掲載中

関節リウマチの治癒を目標とした
パラダイムシフトについて

湯川リウマチ内科クリニック

173486 hr 1 title 1447662288

関節リウマチは「不治の病」、「かかったら一生治らない病」から「寛解・治癒を目指せる病」に変貌を遂げていると話すのは「湯川リウマチ内科クリニック」の院長、湯川宗之助先生だ。リウマチ専門医として、科学的根拠に基づいた医療をモットーとし、安全面を重視した治療を実践している。車椅子から立ち上がる方もいるという「関節リウマチ治療のパラダイムシフト」とはどういうことか、話を聞いてみた。(取材日2015年10月5日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

関節リウマチを疑うきっかけは?

関節リウマチの早期症状は、朝のこわばり、関節の腫れ・痛み、貧血症状、なんとなく気分がすぐれない、食欲低下、眼の渇きなど多彩です。困った症状があれば、早めに受診し、相談することが最も重要です。

関節リウマチ治療のパラダイムシフトとは?

メトトレキサートと生物学的製剤の登場により、寛解(痛くない・腫れない・壊されない)導入率は飛躍的に上昇し、関節リウマチによる関節破壊の阻止や早期診断が可能となりました。このため、「治癒」もめざせる病となっている現状が、「関節リウマチ治療治療のパラダイムシフト」であります。

どのような種類の薬があるのですか?

関節リウマチの異常免疫是正を目的として抗リウマチ薬、第一選択薬として位置づけられているメトトレキサート、そしてピンポイントで関節リウマチを制御することが可能な生物学的製剤。その他、補助療法として、必要があれば、抗炎症剤やステロイド剤を使用することがあります。

検診・治療START!ステップで紹介します

初診時は丁寧な問診から開始。病状を的確に把握する

関節リウマチの早期診断は、十分な除外診断が必須となっている。関節リウマチの診断は、血液検査だけではなく、問診、診察、血液検査、レントゲン検査、関節エコーを総合的に評価し、診断していくことが大切だそう。

患者一人ひとりの目標に合った治療方法を提案、実践へ

関節リウマチ治療には、基本的に、第一選択薬であるメトトレキサートを選択する。既に関節破壊がある、もしくは疾患活動性が高い患者には、生物学的製剤のリスク・ベネフィットについて本人のみならず家族にも説明がある。

重要なのは治療効果を継続して確認し、的確に把握すること

メトトレキサートや生物学的製剤などの優れた薬がある今、最も大切なことは治療効果判定をしっかり行っていくこと。客観的疾患活動性評価指標を用い、寛解をめざした治療戦略を行う。

生物学的製剤治療は、チェックを経て安全に導入する

生物学的製剤は、現在8種類ある(大きく分け、TNFを抑える、IL-6を抑える、T細胞の活性化を抑える)。投与方法は点滴と皮下注射。これらはツベルクリン反応、B型肝炎チェックなどを事前に行なった上で使用。

患者の体調をしっかり見極め、点滴や皮下注射を安全に行う

点滴時間は30分〜2時間。患者がくつろいだ状態で行う。皮下注射製剤は、自宅で1〜2週間毎行えるものや当院で4週間毎行うものがあり、自宅にて患者自身で皮下注射できるよう指導を実施。どちらも安全面を再優先してくれる。

ドクターからのメッセージ

湯川宗之助院長

治療でもっとも大切なことは、目標を設定し、そのゴールに向けて、患者さんと医師が一緒に治療法について検討し、道すじを作り上げていくことです。関節リウマチ治療のパラダイムシフトによって、臨床的寛解(痛くない、腫れない)、構造的寛解(関節が壊されない)、機能的寛解(日常生活が不自由なく送れる)が現実のものとなりました。患者さんの背景に合わせた、例えば女性にとって一大イベントである挙児希望、授乳中など、疾患活動性の程度によって治療選択を適切に行うことで、より良い生活を送っていただきたいと思います。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細